岡副アナ他、“誤読”で恥をかいた女子アナたち

拡大画像を見る

 2月3日放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)で、黒すぎる女子アナとの異名がある岡副麻希アナウンサー(24)が、衝撃的な誤読をしている。なんと「北北西」を「きたきたにし」と読んでしまったのだ。生放送での誤読で、スタジオ内を凍りつかせてしまった彼女だが、その翌日に放送された『めざましどようび』(フジテレビ系)では、見事「ほくほくせい」と正しい読み方を披露。これにはネット上でも「えらい」「成長した」など、温かい反応が飛び交った。

 もっとも、女子アナがビックリするような誤読をしてしまうことは、過去にもたびたびあり、中には伝説のように語り継がれているケースもある。その代表的な例は、有賀さつきアナウンサー(51)がフジテレビに在職していた頃に、「旧中山道(きゅうなかせんどう)」を「いちにちじゅうやまみち」と読んだというもの。しかし有賀アナが後日説明したところによると、実際には「きゅうちゅうさんどう」と読んだのが正しいとのこと。しかしどちらにせよ、読み間違えている。

 フジテレビでは2011年、当時『めざましテレビ』の顔を務めていた生野陽子アナ(32)が、都内で行なわれた映画『ステキな金縛り』の公開初日あいさつの司会で、言い間違いをしている。主演の深津絵里(44)や西田敏行(69)に試写上映の手応えを聞こうとして、「ニューヨークでの“えいじょう”はどうでしたか?」と聞いてしまったのだ。しかしこれに対し、深津は「ニューヨークでの“えいじょう”は、とてもステキな劇場だったので」ととっさに返し、西田も「先日、仙台でも“えいじょう”があったのですが」と乗っかるかたちで、アナウンサーの失敗を笑いに変えてみせた。

 また、今年1月29日放送の『フルタチさん〜古舘VSフジテレビ女子アナ間違いだらけの日本語がひっかかるSP〜』(フジテレビ系)では、フリーアナウンサーの古舘伊知郎(62)が、4年前にソフトバンクの孫正義(そんまさよし)社長(59)について、「まごまさよし」と読んでしまった女子アナがいたことを暴露した。「絶対名前は言えませんが」としたその新人アナウンサーは、「ソフトバンクの“まごまさよし”社長は……」と3回ぐらい立て続けに言ってしまったとか。

 何かと言い間違いや誤読を指摘される女子アナだが、大量の原稿を読んでいれば、つい間違ってしまうのはしかたない部分もある。とはいえ、最低限の常識を身につければ、防げる間違いも少なくないので、テレビに出演する以上、それなりに勉強していただきたいところだ。

関連リンク

  • 3/21 11:00
  • 日刊大衆

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

3
  • 影姫

    3/22 14:28

    高島アナは「団塊の世代」を「男根の世代」って間違えてたな。

  • シルフ

    3/22 14:13

    まぁ~女子穴だし、大学のサークルの延長でしょ? テキトーにテレビ出て、ソコソコ顔売ってスポーツ選手と寿退社 それが女子穴!、、、素晴らしい女子アナウンサーも居るのに残念です

  • FM山形には尖閣諸島を「れっかくしょとう」と何度も読むアラサー女子アナがいます。(  ̄▽ ̄)

記事の無断転載を禁じます