グラビア界のリビングレジェンド! 「ロリ顔にも程がある」浜田翔子、伝説のレースクイーン姿&セーラー服で原点回帰

拡大画像を見る

 イメージDVD現役最多リリースを誇るグラビアアイドルの浜田翔子(31)が、3月31日に最新作『生ショー』(エスデジタル)を発売する。そのジャケット写真やサンプル映像が公開されたが、30代になってもまったく衰えないロリ巨乳ぶりに驚きの声が上がり、ファンの期待が高まっている。

 同作は「原点回帰」をコンセプトのひとつとして、近年は大人の魅力を押し出していた彼女がデビュー作のころのような可愛らしさを再現。ジャケット写真はセーラー服のパンチラショットとなっているが、まるで10代のようなルックスで「ロリ顔にも程がある」と衝撃を受けること必至だ。

 サンプル映像でも冒頭からセーラー服ショットが拝めるが、写真と違って修正ができない動画でも違和感はまったくなし。デビュー当時の初々しさをそのまま再現している。

 続いてブレザーを脱いで下着姿になるドキドキシーンや、Tバック状態で食い込んだキュートなお尻を接写するカット、横乳や下乳がハミ出してしまう極小ビキニショットなど過激で可愛らしい映像を連発。さらにはブラジャーを外して「手ブラ」状態になったり、浴衣を脱ぎ去って全裸でバストトップや股間を帯だけで隠した斬新なセクシーショットにも挑んでいる。

 また、浜田の「原点」といえるレースクイーン姿も収録。浜田はデビュー間もない2003年ごろに現役女子高生レースクイーンとしてアマチュアカメラマンの間で「めちゃくちゃ可愛い子がいる」と話題になり、それがブレイクのきっかけとなった経緯がある。こちらも十数年の時を経ながらフレッシュさが損なわれておらず、古参ファンにとって感涙の大サービスショットといえる。

 ネット上では早くも「新作DVDのジャケット写真が可愛すぎる」「ずっと可愛いままだからすごい」「ここまでセーラー服が似合うとは...」「DVDもいいけど久々に写真集も見たい」などと称賛コメントが寄せられ、ファンは期待をふくらませているようだ。

「前作のイメージDVD『こいごころ』(イーネット・フロンティア)では伝説の貝殻ビキニをまとった限界露出が話題になりましたが、今作は過激でありながらも『可愛らしさ』を全面に押し出しています。普通ならグラドルは一度過激化したら『より過激に』という方向にしか進めないものですが、浜田さんはデビュー当時の可愛らしさを再現するという新境地を開いた。これも彼女のロリータフェイスとボディが年齢をまったく感じさせず、初々しさを失っていないからこそできる芸当。本来なら相反する大人の色気とロリ系の魅力を同時に楽しめる、歴代リリース作の中でも屈指の傑作となりそうです」(アイドルライター)

 今月12日に出席したアイドル育成ゲームの発表記者会見では、浜田が「ウエストが53センチに減って、おっぱいがDカップからEカップになりました!」と告白。グラビア歴14年で50作以上のDVDをリリースしていることから「グラビア界のリビングレジェンド」とまで呼ばれる浜田だが、そのボディはまだまだ進化中のようだ。

 また、浜田はメンバー全員が現役グラドルのアイドルユニット「gra-DOLL(グラドール)」の一員としても活動中。さらに映像監督としての才能を発揮したりと多方面で活躍しながら、発売中の「週刊実話」(日本ジャーナル出版)の表紙を飾るなど雑誌グラビアでの評価も高いままだ。

 大人の色気、キュートなロリ巨乳、歌って踊れるグループアイドル等々...さまざまな顔で我々を楽しませてくれる彼女の「原点回帰」となる新作DVDのデキに期待せずにいられない。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

  • 3/20 12:00
  • メンズサイゾー

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます