ベッキー、騒動直前の打ち上げ中に深刻な顔でスマホ - 相手は「勘弁して」

拡大画像を見る

タレントのベッキーが、19日深夜に最終回を迎えたフジテレビ系バラエティ番組『人生のパイセンTV』に登場。休業前にともにMCを務めていた、オードリーの若林正恭から、立て続けに"尋問"を受けた。

若林は、昨年1月のベッキー休業後、放送ではカットされたものの、収録中は頻繁にベッキーの話題に触れていたそう。「全タレントの中で、一番俺がベッキーの話してたけど、一番放送されていない」と嘆き、「そのVTRをDVDに焼くから持って帰れ!」と、ベッキーに言い放った。

スタッフも、"ベッキーハウス"の模型を製作してセットに置き、中の人形を本人に合わせてバッサリショートカットにしたり、背中を大きく開けるなどして、復帰を待っていた。それを聞いたベッキーは「OAに乗らないところでこっそりやるって、やっぱりおバカだね」とあきれながら、「うれしいけど…」と感謝していた。

その後は、ベッキーに聞きたいことが山ほど溜まっていた、若林の尋問がスタート。"ゲス不倫"騒動が発覚する直前の、15年12月末の番組の打ち上げの際、周囲を気づかう人間のはずのベッキーが、宴会中にもかかわらず、離れた席で深刻な顔になり、ずっとスマホを見ていたことを暴露し、スタッフと「あのときに(お相手の実家の)長崎の航空券を取ってたんじゃないか」と疑ったそうだ。

その事実確認をぶつけると、ベッキーは「さすがにその場でチケットは取ってない」と否定。しかし、スマホで連絡していた相手までツッコまれると、「勘弁してください」とお手上げ状態となった。

止まらない若林はさらに、ベッキーが占いに行ったら「ここから先の10年ずっと上りっぱなしだって!」と喜んでいたことや、LINEの絵文字について「好きな人にハートは送らないけど、リンゴは送る」とポリシーを語っていたこと。友達と歩いていて突如始める"1人ミュージカル"の本当の相手など、気になっていたことを次々に確認。

ベッキーは、テレビ復帰する中で、ここまで騒動をイジられたことはなかったそうだが、畳み掛ける若林は「『しくじり先生』(テレビ朝日)出てくんないかなぁ」とラブコールを送り、ベッキーは「お台場(フジ)でオファーされると思わなかった」と、予想外の出演依頼に戸惑っていた。

そして、スタッフの「はいOKでーす」の声がかかり、最終回の収録が終わると、ベッキーは思わず涙を流し、スタジオは神妙な空気に。演出の萩原啓太(マイアミ・ケータ)氏が「(記念)写真、最後みんなで撮りましょう」と提案すると、若林は「『写真撮る』って言い方は変えた方が良かったんじゃないの? ちょっとデリカシーがないよぉ」と文春スクープをほじくり返し、ベッキーが「あなたがデリカシーないの!」とツッコむという名コンビぶりを見せていた。

関連リンク

  • 3/20 1:36
  • マイナビニュース

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

3
  • ひろゆき

    3/20 22:50

    LINEの絵文字について「好きな人にハートは送らないけど、リンゴは送る」 ……記者の筆力のなさを補足すると、彼女や妻のいる男性に対して自分はハートマークを送れる立場ではないことはわかっている…でも、ハートマークの代わりに同じ赤い絵文字…リンゴマークを送ってみたりするのよー…と、相変わらず"うあぁ……"な印象のベッキーさんでしたwww

  • 陰ある女は色っぽい😊ショートボブもエエやん😁

  • 髪を切ってのイメチェンが上手く行きそうな感じに成って来てんのかな?、まぁ~なんか芸を身に付けるのが肝心なことだと思われるんだけど、、女優がいいか、

記事の無断転載を禁じます