加藤貴子が第2子妊娠を報告「高齢出産です」男性不妊も乗り越え…

拡大画像を見る

 ドラマ「温泉へ行こう」などに主演した女優の加藤貴子(46)が19日、自身のブログを更新。昨年2月から再開した妊活を経て、第2子を妊娠したことを発表した。

 まだ安定期には入っていないものの「私自身の流産の壁である週数を、やっと越えることが出来た」として、おめでた報告。これまで何度も流産を経験してきたことから「勝手ながら、私の妊活の壁を越えられたらお伝えしようと思っていました」と、報告まで時間がかかったことを詫びつつ「みなさんにここで支えていただいたおかげで、赤ちゃんが無事に育ってくれています」とファンのサポートや声援に感謝した。

 出産は47歳を目前にした9月上旬を予定。「(すごく)高齢出産です」としながらも「授かった命を大切に育みながら、無理のないように、子育てと家事と仕事を両立していきたいと考えています」と2児の母になる決意を力強くつづった。

 加藤といえば、今月12日付のエントリーで、夫の「男性不妊」を告白。不妊の原因は女性だけではないとし「お子さんが欲しいとお考えの方は、奥さんやパートナーに丸投げせずに、どうかお二人で取り組んでいただきたい」と訴えていた。

  • 3/19 12:53
  • スポニチアネックス

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

2
  • 大事なこと。不妊を女性だけの問題と考えてる人はよほど古い。何はともあれ、おめでとうございます。無事出産できるといいですね。

  • 不妊治療したくてもお金の問題で受けられない…2人で取り組みたくてもできない…だから娘が生まれてくれたのはかなり奇跡 2人目不妊は辛い

記事の無断転載を禁じます