業界人が衝撃暴露! 実物が“超絶劣化中”の女性芸能人3人!

拡大画像を見る

 テレビやスクリーンを通して見る女性芸能人は皆美しいが、生で見ると「イマイチ……」と言われる者もいる。直近の芸能イベントに参加した関係者からも、芸能人達の“劣化”に関する証言が聞かれた。

「3月12日に行われた、女性ファッション誌『GINGER』(幻冬舎)の創刊8周年イベントに、シンガーソングライターの大塚愛が登場し、歌で会場を盛り上げました。大塚といえば、2003年リリースの『さくらんぼ』などが大ヒットし、当時は本人のフレッシュな姿もファンを魅了していましたが、そんな彼女ももう34歳。10年に結婚したRIP SLYMEのメンバー・SUとの間には、翌年、第1子女児が誕生するなど、母となってからも6年になります。そのせいか、結構オバサン体型になってきている感じでしたね」(芸能プロダクション関係者)

 同イベントには、『GINGER』のモデルを務める香里奈も出演していたというが、2人が並ぶと体型の違いが歴然としていたそう。

「大塚はこの日、体のラインが出にくいゆるめのデニムパンツと、上半身も二の腕が見えにくいファッションで、本人サイドも体型をごまかそうとしていたのかもしれません。顔も、笑うとほうれい線が出てしまい、二重アゴも貫禄がある感じでした。ただ、曲からは“若さ”も伝わってきたので、今もなお、デビューした頃の気持ちだけは忘れていないのかもしれませんね」(同)

 一方、大塚と体型の違いを見せつけた香里奈についても、ネガティブな声が。

「たしかに大塚よりもスタイルは良かったけれど、モデルの後輩達と並ぶと肌のハリに差があり、体型も若者よりはたくましい印象でした。また、香里奈は一度“お色直し”があって、最初に着ていたベアトップは、本人いわく『サファリ』を意識したそうで似合っていたのですが、大塚とのトーク時に着ていたピンクのコーデは似合っておらず、逆に劣化が際立っていました」(芸能記者)

 そんな香里奈も33歳と、大塚と同じ30代だが、別のイベントでは40代女性芸能人のルックスにも注目が集まったんだとか。

「14日のロッテ『キシリトール オーラテクトガム』の新CM発表会に出席した女優・米倉涼子は、現在41歳ですが、スーツ姿と7:3くらいで分けた髪の流し方のせいか、見た目年齢はだいぶ上に見えました。米倉は長いこと“離婚問題”が報じられていて、昨年末にようやく片付いたばかり。そのことですっかり疲弊してしまったのか、顔に深いシワが複数刻まれていて、劣化が進んでいるように感じました」(イベント関係者)

 そのうえ、顔面のTゾーンはテカリ気味だったといい、こうした“隙”からも疲れている様子が伝わってきたという。

「とはいえ、美脚は健在みたいで、この日は七分丈のパンツルックでしたが、チラリと覗く脚の部分もとてもキレイでした」(同)

 年齢には抗えないにしても、米倉には少しでも早く元気を取り戻してほしいものだ。


※「LOVE JAM (DVD付)」(エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ)

  • 3/17 9:00
  • TOCANA

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

11
  • 脱走兵

    3/22 0:55

    ライターのレベルが超絶劣化中。

  • KDS

    3/21 23:33

    この手の記事って、書く奴も呟く奴らも本当に愚か。自分等は歳をとらないと言わんばかりに人を物扱いする。軽蔑するね。

  • 俺のTゾーンは、Tじゃなくてきのこの山になってきてるが?

記事の無断転載を禁じます