『怒り新党』リニューアルに怒りの声...青山愛アナのファンは納得いかない!?

拡大画像を見る

 マツコ・デラックス(44)と有吉弘行(42)という芸能界を代表する毒舌キャラのふたりが出演する『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)。夜11時台の放送にもかかわらず、視聴率15%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を超えることもある人気バラエティだ。

 視聴者から寄せられた「怒りメール」をテーマにしたマツコと有吉のトークに共感する人も多いが、このところネット上には「怒りの声」が殺到している。4月の改変期を控え、『怒り新党』はリニューアルを発表したのだが、それに納得がいかない視聴者がいるようだ。

 新番組のタイトルは『マツコ&有吉 かりそめ天国』で、引き続きマツコと有吉は出演し、視聴者投稿をもとにトークする。そのテーマが「怒り」以外でもOKになるというのが変更点のようだ。ほぼ同じ内容で、これまで以上に幅広いトークが期待できそうだが...。アシスタントを担当するアナウンサーが青山愛(あおやま・めぐみ/28)から久保田直子(35)に変わるそうで、これに男性視聴者が肩を落としているのだ。

 昨年の春、フリーアナの夏目三久(32)からバトンを受け取った青山。入社時から報道志望で、1年目に看板ニュース番組『報道ステーション』に抜擢された彼女は、その路線を歩むかと思われていた。だが、ほぼ初バラエティという状況で『怒り新党』に起用され、マツコと有吉の洗礼を受けることに。

 当初は「青山アナには太刀打ちできないのでは」と不安視する向きもあった。しかし、帰国子女である彼女は、時に日本人離れした感覚でふたりを驚かせるなど、堂々とした進行ぶり。徐々に、番組ファンからも認められる存在に成長した。好きな男性のタイプにハリウッド俳優を挙げたり、外国人男性との交際歴を明かした際は、ネットでも大きな話題を呼んだ。

 また、「実は巨乳」といわれる青山は、胸のカタチが確認できるタイトな衣装を着ることもあり、そんなときは男性ファンから歓喜の声が続出する。15日の回でも、彼女が画面に登場するとネット上のファンは「相変わらずキレイ」「色っぽい」などと喜んでいた。こうした青山のネット人気は、番組にも貢献していると思えるが...。

「一部メディアは、青山アナの降板劇について、現在『報ステ』のサブを務めている小川彩佳アナ(32)が関係していると伝えています。小川アナといえば、嵐の櫻井翔さん(35)と熱愛疑惑が報じられましたが、かなり真剣に交際しているようで、局の幹部に退社の覚悟まで示したというんです。これに局サイドが慌て、小川アナの代わりを探した結果、青山アナに白羽の矢が立ったというわけ。今のところ、青山アナの4月からの予定は発表されていませんが、報道系の仕事に携わるのではないかともっぱらです」(芸能ライター)

 マツコ・有吉との絡みが見られなくなるのは残念だが、4月からの青山には新たな場所で活躍する姿を期待したい。

  • 3/16 21:00
  • メンズサイゾー

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

5
  • 去る者は追わず来る者は拒まず。

  • トリトン

    3/20 7:34

    青山になってから見なくなったのであまり印象は無いですね。三大⚪⚪の時の方が面白かったけどな。

  • 青山は「ツッコミどころが満載」で、「ふざけた事をほざいとんじゃねえよ、この帰国子女!」とネタにできたからな。テメーの意見が通らない時の「思いっきり不満顔」とかもブサイクだし(笑)。怒りの募集も停止だしな。

記事の無断転載を禁じます