アプリvs相席居酒屋!31歳の草食男子が恋活市場で“勝てる”サービスを検証[AD]

拡大画像を見る

 スマートフォンの普及とともに、爆発的な成長を遂げたスマホアプリ市場。中でも20代から30代の男女の熱い支持を集めているのが、いわゆる“恋活”サービスを提供するマッチングアプリ、つまり『恋活アプリ』だ。全く接点のない男女がアプリを介して“カップル成立”し、チャットやメッセージを使って親密化を図れるこれらのアプリは、手軽に異性と出会える場として空前のブームを巻き起こしている。


 しかし、それと同様に誕生し、成長してきた恋活サービスは他にもある。初対面の男女がいきなり同じテーブルに着く相席居酒屋や、街コン・婚活パーティーなどの合コン系イベントだ。


 そこで今回、筆者はちょうどターゲット層にあたる男性A氏(31歳/システムエンジニア)の協力を得て、それら合コン系イベントと恋活アプリのどちらが効率的にパートナーを見つけやすいか、独自の調査を行った。


>今すぐ恋活アプリを調べる(iPhone)


>今すぐ恋活アプリを調べる(Android)


■出会いの数とマッチング成立率


 まず、今回の調査を行う上で使用したのは、全国の利用者数が200万人を超えた『タップル誕生』という恋活アプリ。あのサイバーエージェントグループの企業が運営するサービスで、累計マッチング数は約3300万組という頼もしい存在だ。




渋谷の女の子たちへのインタビュー。タップルは多くの若い子も使っているサービスだ。


 次に、A氏のプロフィールについて少し触れておきたい。31歳システムエンジニアと言えば聞こえが良いが、女性とのコミュニケーションには少々の難アリ。その上、アニメ・ゲーム・アイドル好きと、恋活においてはウケの悪い趣味を3連コンボで所有するクセの強い男である。


 さて、最初に調査したのは、合コン系イベントとタップル誕生における“出会い”の数とマッチングが成立する確率である。筆者は大手の相席居酒屋や街コン・婚活パーティーのシステムを調べ上げ、タップル誕生に登録したA氏とともに両者の比較を行った。


 


A 「どう考えても、タップル誕生のほうが優勢」


筆「その理由は?」


A 「必要とする所要時間に対して、出会える限界数に差がある」


 


 女性にモテたことがないA氏だが、数学的な分析だけは得意だ。


 相席居酒屋では、おおむね30分単位で女性たちと相席するのだが、一度に出会える数は2~3名程度。チェンジも可能だが言い出しづらく、時間を延長すれば料金もかさむ。街コン・婚活パーティーはそれより多くの女性に出会えるはずだが、事前予約をして2~3時間+移動時間を拘束されるとなると、頻繁には通えないだろう。


 一方、タップル誕生の場合、極論を言えばアプリを利用している全ての女性会員とマッチングの可能性がある。このアプリでは、気に入った異性に「いいかも!」を送り、相手も「いいかも!」を返せばマッチング成立。どこかへ出向く必要もなく、アイドル番組のCM中にでもサクサク「いいかも!」を送りまくれる上、女性からも一日平均7件の「いいかも!」が届くのだ。



表示された女性のカードを左右に振り分け。


「イマイチ…」が相手に通知されることはない。


 


 多くの女性にアプローチできるということは、同時にマッチングの確率の上昇にもつながる。スキマ時間にアプリ上でどんどん出会えるという点で、出会いの数と確率ではタップル誕生に軍配が上がった。 


>タップル誕生を無料ダウンロード(iPhone)


>タップル誕生を無料ダウンロード(Android)


■出会いのクオリティ


 マッチングにおいて次に気にすべきことは、出会いの『質』だ。


 異性との出会いが減った現代であっても、「女性ならば誰でも良い」という宇宙級に広いストライクゾーンを持つ男性は滅多にいない。一致率100%は望まなくとも、顔の好みや性格、趣味、価値観など、少しでも自分の希望に近い相手と出会いたいと考えるのは当然だろう。


 


A 「相席居酒屋とか合コン系だと、どんな人が来るかわからないよね」


筆「それが楽しいって考え方はできない?」


A 「話が合わないとか、好きになれそうにない人が来ると、お互いに時間の無駄でしかない」


筆「じっくり話せば好きになるかもしれない」


A 「そんなコミュニケーション能力があれば、とっくにモテてたわ!」


 


 合コン系イベントの一番のネックは、その日会うまで相手の情報が全くない、というところにあるようだ。会って気が合わなければ、途端に残り時間が苦行と化す。誰とでも楽しく会話ができる自信があれば楽しめる可能性もあるが、効率の悪さは否めない。


 そこでタップル誕生のマッチングの仕組みを確かめたところ、『自分と共通項のある相手と出会える』実に画期的なシステムを採用していることが判明した。



 このように、趣味やライフスタイルなど、自分と同じカテゴリに興味を持っている女性を簡単に探せるようになっているのだ。さらに、登録時に最も重視したいカテゴリをいくつか選択しておけば、自分と共通項のある女性からの「いいかも!」が届く便利なシステムもある。


 A氏は早速、「マンガ好き」「実はオタクなんです」「ゲーム好き」などのカテゴリを発見して狂喜していた。旅行やグルメ、映画といった恋活市場でウケる定番の趣味だけでなく、素の自分をさらけ出すことができるのもネットの醍醐味だろう。


 いざマッチング成立すれば、次のステップはメッセージの交換だ。とはいえ、共通の趣味を持つ相手とわかった状態でのスタートであれば、話題に困って終了する心配はない。また、知らない人間といきなり会って話をするのが怖いコミュ障男子にとって、自分の間を保ちつつ気楽に返事ができるメッセージは有難い存在なのだ。



共通項を知っていれば、コミュ障でも会話が弾む


 


 さらに調査したところ、相席居酒屋は女性が無料というシステム上、出会いを目的としない“タダ飯狙い”のフリーライダー女子が一定数いるようだ。最悪、既にパートナーがいる場合も。


 高い金を払って彼氏持ちの女に夕食を食わせるなど、もはや慈善事業に近い。そういった事故を防ぐ意味でも、まずアプリ上で人となりを確認した上で誘えるタップル誕生の方が『質の良い』出会いを期待できる……と、我々は結論づけた。


>タップル誕生を無料ダウンロード(iPhone)


>タップル誕生を無料ダウンロード(Android)


■恋活アプリvs合コン系イベント まとめ


 今回の調査結果を簡単にまとめると、以下のようになった。


●恋活アプリ(タップル誕生)向きの男性


・出会いの数とマッチング率にこだわる


・趣味の合う女性と手軽に、効率的に出会いたい


・まずはチャットで話してから、相手に会いたい


●合コン系イベント向きの男性


・ストライクゾーンと心がとにかく広い


・時間と金に余裕がある


・コミュニケーション能力と容姿に自信がある


 むろん、合コン系イベントを利用する女性が全てハズレというわけではない。偶々一発目で素敵な女性を引き当てるラッキーボーイもいるだろう。だが、タップル誕生をはじめとする恋活アプリの手軽さ、効率の良さには目を見張るものがある。


 スマホひとつあれば早々に恋が始まる今の時代、「出会いがない」と嘆く前に、恋活アプリの1つくらいはダウンロードしておくべきかもしれない。


>タップル誕生を無料ダウンロード(iPhone)


>タップル誕生を無料ダウンロード(Android)



 


提供:株式会社マッチングエージェント


※ 当サービスは18歳以上の方のみご利用できます。


※ 体験談は個人の感想です。

  • 3/21 9:35
  • Scoopie News

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

3

記事の無断転載を禁じます