ゲ…毎朝やってた!「メイク崩れ」を招くやりがちNGスキンケア2つ

拡大画像を見る

仕事中のメイク崩れを避けるために、朝はしっかりメイクをしているはずなのに……。会社に着く頃には「もう、メイクが崩れている!」ということはありませんか? すぐにメイクが崩れてしまう原因は、“朝のスキンケア”に原因があるかもしれません。

今回は美容ライターの筆者が、“メイクのノリが悪くなる”NGスキンケアを2つご紹介します。

 

■1:オイルを使用したスキンケア

朝、顔のむくみを解消すべくオイルでマッサージをしている方もいるのでは? しかしこれは、顔のむくみは解消されても“メイク崩れ”の原因になることも。

それは、化粧下地やファンデーションには、“油分”が多く含まれているから。よって、スキンケアに“オイル”を使用すると、肌に過剰に油分が残っている状態となって、ファンデーションが流れ落ちてしまうのです。

朝のむくみを解消したいなら、化粧水や“小顔ローラー”など、オイルを使用しないアイテムでケアして、オイルは夜のお手入れに取り入れましょう。

 

■2:保湿不足

朝のスキンケアに使用する“乳液”や“クリーム”といった保湿アイテム。これらを使用する際、「もったいないから……」と、ついつい量をケチっていませんか? しかし少ない量では“保湿不足”になり、肌が乾燥してしまいます。

肌が乾燥している状態では、肌を守るために皮脂が過剰に分泌してしまいます。これがメイク崩れを引き起こす原因になってしまうのです。朝の乳液やクリームは、推奨されている量をきちんと守りましょう。

 

■美しさ復活!キレイにメイク直しするテク

次に、外出中にメイク崩れをしてしまった際、キレイにメイク直しする方法をご紹介します。

【準備するもの】

・乳液(画像のような小さいケースに入れて持ち運ぶと便利ですよ。ちなみに筆者は100円ショップで購入しました)

・コットン

・化粧下地・ファンデーション

【キレイにメイク直し・プロセス】

(1)乳液を崩れた部分に馴染ませていく

実は乳液は“メイク直し”としても使用することができるのです! 乳液に含まれている油分と化粧下地やファンデーションに含まれている油分が混ざり合うため、メイクをやさしく落とせるのです(油同士は“混ざりやすい”という特徴があります)。

薬指・中指・人差し指を使用して、メイクが崩れている部分にくるくると小さい円を描くように馴染ませましょう。

(2)コットンでメイクをオフする

馴染んだらコットンで取り除きます。ベタつき感残っていると、次にのせる化粧下地・ファンデーションが崩れやすくなりますので、ティッシュで軽くオフしましょう。

逆にしっかりオフしすぎてしまうと乾燥を招いてしまうことがあるので、やりすぎないよう気をつけてくださいね。

(3)化粧下地・ファンデーションを塗る

最後に化粧下地・ファンデーションを塗ってメイク直し完了です。

 

以上、“メイクのノリが悪くなる”NGスキンケアを2つご紹介しました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

  • 3/16 11:00
  • 美レンジャー

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます