「ミッフィー」のディック・ブルーナさん死去

拡大画像を見る

世界的な人気を誇る「ミッフィー」などで知られる、オランダの絵本作家ディック・ブルーナさんが、故郷であるユトレヒトで亡くなった。89歳だった。

ブルーナさんは1953年に絵本作家デビュー。1955年にウサギを主人公にした絵本「ナインチェ」を生み出し、その後、描き直して各国語に翻訳、日本でも1964年に「ちいさなうさこちゃん」(翻訳:石井桃子)として刊行された。

「ナインチェ」の翻訳国数は50か国以上、発行部数は8,500万部以上。

現在、広く親しまれている「ミッフィー」は英語訳版が発売される際につけられた英語名で、日本では福音館書店の絵本シリーズは「うさこちゃん」、講談社の絵本シリーズは「ミッフィー」と使い分けられている。
  • 2/18 0:42
  • Narinari.com

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

2
  • 展覧会行った事があるよ、オランダ絵本で世界中にファンが多いですよ、俺もマグカップ、絵皿があるよ、可愛いウサギ、ミッフィー大好きですよ、寂しいですね、今迄ありがとうございますご冥福をお祈りします

  • 紅茶飴

    2/18 2:22

    可愛いミッフィーちゃんをありがとう。

記事の無断転載を禁じます