「最もイケメンな服役囚」と言われた男性、ランウェイ・デビュー(米)

拡大画像を見る

分厚い唇に射るような眼差しを放つ“イケメン犯罪者”として話題になったジェレミー・ミークスさん(33歳)が2月13日夜、ニューヨークのファッションウィークでセレブにも人気の「フィリップ・プレイン」の衣装を身に纏い、ランウェイを歩いた。

ジェレミーさんが全米で話題になったきっかけは、カリフォルニア州ストックトン警察がFacebookに公開した「マグショット」だった。2014年2月、銃販売の違法な取引やギャング関連犯罪の容疑で2年3か月の実刑判決を受けたが、服役前に既に有名モデルエージェンシーからの声がかかっていたこともあり、ロサンゼルスやニューヨークを拠点とする「White Cross Management(ホワイト・クロス・マネージメント)」とモデル契約をしてから服役し、2016年3月に出所した。その後、3児の父親で既婚者であるジェレミーさんは自身のインスタグラムにモデルショットを投稿したりしていたが、昨年の6月以降はあまり目立った活躍は見られていなかった。

今回のショーでジェレミーさんは、大ぶりのファーがフード部分についたゴージャスな黒のダウンジャケットを羽織ったり、黒のハットだけを被り上半身裸でステージを歩いたりとプロとしての貫禄を十分に見せつけ、見事ランウェイで華々しく本格デビューを飾った。観客の中にはマドンナやパリス・ヒルトン、カイリー・ジェンナーの姿も見られたという。

現在、ジェレミーさんのインスタグラムには85万人を超えるフォロワーがいる。今回のショーを終えて、ジェレミーさんはこれまで支えてきてくれた家族やファンの人たちに感謝の気持ちを述べている。

出典:https://www.instagram.com/jmeeksofficial
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

関連リンク

  • 2/17 18:02
  • Techinsight japan

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます