清水富美加 告白本でぶっちゃけ 好きな人いた 喫煙者だった

拡大画像を見る

 宗教法人「幸福の科学」に出家し、芸能界を引退する意思を表明した女優・清水富美加(22)の告白本「全部、言っちゃうね。」が17日、幸福の科学出版から発売された。

 第1章「でも今日、出家します。」において、役作りのため虫を食べたことを告白。数々の仕事の中には「“悪魔のお手伝い”のようなことをしてしまったのもあったんじゃないかって思うと、つらいです」と振り返った。

 「清水富美加で得たものはすべて捨てます」と出家すると「とてもすっきりして軽くなりました」といい、悩みの種だった好きな人のことも忘れ、タバコもやめた。「(本のタイトルが)『全部、言っちゃうね。』なんで言っちゃうんですけど、喫煙者だったんですよね。意外ですよね。自分でも思います(笑)」とぶっちゃけた。

  • 2/17 14:12
  • スポニチアネックス

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

6
  • たまった鬱憤で一矢むくいたやろか😁

  • 桜雫

    2/18 8:33

    まあこの子の場合親が信者だったからそれが当たり前の世界で生きていたんだろうから出家云々はどーでも良い事で無宗教の自分達とは違う常識があるんだろうけど、でも無宗教の人達が多く生活している事、世の中は無宗教の人達の常識でほぼ回ってる事を理解して仕事するべきだよね。 現在進行中の仕事とかを放り出しても平気でいられる神経とそれらの暴露本を出す勇気があるなら後3ヶ月位我慢出来たんじゃないかって思うよ。

  • タックン。

    2/17 21:47

    詐欺にあってる事がわからないなら仕方ないですね。 代表の降臨って完全にイン●キですやん(笑) そのうちドラえもんを降臨させてくれるんだろうな~❤

記事の無断転載を禁じます