宮根誠司、清水富美加への「若者だから月給5万は当然」発言に反発続出

拡大画像を見る

 フリーアナの宮根誠司が2月13日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)にて、引退騒動に揺れる清水富美加について言及。清水側が主張するギャラの安さについて、「そんなにまだお金の価値もわからない子にガバッとあげても大変なことになる」との持論を披露した。

 この発言に視聴者からは、「若者なら正当なギャラを渡さなくてもいいということか!」との反発が続出しているという。芸能ライターもこう首をひねる。

「多額のギャラを稼いでいる子役はいくらでもいますし、若さを理由に事務所側がギャラを安く抑えてもいいという理屈は通用しないでしょう。そもそも問題の本質は『月給5万円が妥当かどうか』であり、『若者に大金を渡すリスク』はまったく次元が異なる話です」

 清水自身が会見に姿を見せないことや、テレビの収録などをスッポかしていることから、芸能界では清水については叩き放題の風潮になっている感もある。その流れで宮根もつい口が滑ってしまったのかもしれないが、未成年者のタレントや子役の親たちは目が点になっていたことだろう。

(金田麻有)

関連リンク

  • 2/16 9:58
  • アサ芸プラス

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

25
  • 5万妥当じゃないの?? 事務所は売り出すのに投資する訳だから、売れるか売れないかわからないのに大きな金額給料に出来ないでしょ〰、演技力も大した事無かったし(笑)

  • 『五万円』が独り歩きしちゃってんなー。

  • KDS

    2/17 21:24

    実際に使われている金額は相当なもののはず。五万円以外の金が確実に彼女に使われている。ただ生活しているだけで仕事が入ってきていると思っているのだろうか。若い人にほどお金はかけているはず。

記事の無断転載を禁じます