有野晋哉・土田晃之ら「ゲームセンター芸人」今やあり得ない昔の事件を紹介

拡大画像を見る

お笑いコンビ・よゐこの有野晋哉、お笑い芸人の土田晃之らが、きょう16日に放送されるテレビ朝日系バラエティ番組『アメトーーク!』(毎週木曜23:15~24:15)に、「ゲームセンター芸人」として出演する。

今回は、ゲームセンターに通いつめていた有野、土田に、川島明(麒麟)、バカリズム、 山本博(ロバート)、品川祐(品川庄司)、真栄田賢(スリムクラブ)が登場。当時どんなゲームが流行り、夢中になっていたのかを年代ごとに振り返っていく。

紹介されるのは、シューティングゲームや、対戦型の格闘ゲーム、パンチングマシンなどで、懐かしいゲームの数々に一同熱狂。スタジオにも当時のゲームが続々登場し、出川哲朗が実践してみる。

また、現在とはちょっと違った雰囲気だったという昔のゲームセンターの話題に。そこで起こっていたさまざまな事件やエピソードなどを紹介していき、今となってはあり得ないような出来事の数々に、スタジオは大盛り上がりする。

さらに、有野が所属する松竹芸能がゲームメーカーとコラボして、2002年に開発したツッコミゲームも登場。実際にプレイしてみる。

関連リンク

  • 2/16 7:00
  • マイナビニュース

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

21
  • これ観れなかったンだちくせう(血涙)  龍虎とスト2の開発が同じなのは割と有名。 昔のシューティングは敵弾に殺意が隠ってたなぁ。 あと音楽はもっともっと評価されて然るべきだと思うの。

  • ぺーさん

    2/16 16:24

    好きな技の名前は【飛燕鳳凰脚】でした。グラフィックは何もかっこよくなかったけど。(笑)

  • どこかのゲーセンにタツノコとカプコンがコラボした格ゲーがあった。キャシャーンにゴールドライタンと懐かしキャラが使えて、このゲーセン羨ましいと思った。

記事の無断転載を禁じます