「体長100メートル超え」新種発見か!?深海にひそむ超巨大生物に緊急警報発令![AD]

拡大画像を見る

 2016年9月、東京湾近郊の深海に体長100メートルをゆうに超える巨大生物の反応が確認された。すでに周辺の釣り人たちの間では噂になっており、憶測を含めて様々な情報が飛び交っているようだ。


 本編集部はこの巨大生物の正体を探るべく、独自のルートから入手した情報をもとに調査を開始。その結果、国家を揺るがしかねない衝撃の事実にたどり着いたのだ!


>iOSの方はこちら


>Androidの方はこちら


■過去にも目撃例多数…昨年末から急増か?


 クジラの突然変異か?それとも恐竜の生き残り? 体長100メートル以上という話が事実であれば、世界各地で語り継がれるUMA(未確認生物)たちの中でも最大級の大きさだ。


 もはやモンスターとも呼ぶべきこの巨大生物。調査を進めると、日本で初めて目撃されたのは1954年、なんと60年以上も前から何度も目撃されていることが判明した。 かつての目撃者は「体長50メートルほどだったと記憶している」と話しているところから、今回騒ぎになっている巨大生物は、過去の目撃例と比較してもかなりの大物ではないだろうか?



100mといえば、ウサイン・ボルトでも9秒58かかる


Photo by Pixeltoo – Boltbeijing (cropped)/CC BY-SA 3.0


 


 そんな巨大生物がもし今回も日本に上陸したら……考えるだけでも恐ろしい!


 しかし、ネット上では2015年12月ごろから、この生物に関連していると思われる動画の投稿が相次いでおり、中には日本のどこかに上陸した時の映像に見えるものもある。


 一体、この生物の正体は何なのだろうか? 調査を進めていくうちに本編集部は、冒頭で述べた独自のルートを使い、恐るべき情報を入手した。


 なんと、深海で確認されたこの生物の反応に対し、ある特務機関に緊急警報が発令されたというのだ! 


>iOSで参加


>Androidで参加



有名な巨大UMA「ニンゲン」より大きいのだろうか?


■巨大兵器も投入か!?深海に反応多数!


 特務機関……何ともワクワクする展開だが、事態はさらにとんでもない方向へと進んでいるようだ。


 彼らは例の巨大生物の調査を行うにあたり、これまた1995年ごろから目撃例が相次いでいた『謎の巨大兵器』を投入しているという。巨大生物には巨大兵器で対抗……なるほど理に適っているが、「調査現場付近で未成年らしき少年少女を見た」という噂もあるだけに、何やら超法規的な措置が取られているのではないかと疑わざるを得ない。


 しかも、その特務機関の調査では、巨大生物の反応はひとつにとどまらず、多数確認されたというのだ。さらに、それらの生物たちが巨大兵器の行く手を阻み、当初目標としていた100メートル超え生物までたどり着くことができていないとの情報もある。



作戦司令室イメージ。こんな感じならかっこよすぎる。


 日本の、いや、世界の平穏は彼らの手に委ねられている。


 噂によれば、今回の作戦は巨大生物たちを相手に『釣り』で対抗する方針だということだ。


 そこで本編集部は、彼ら特務機関とともに巨大生物へと立ち向かってくれる、勇気ある釣り人を募集したい。


 参考までに、関係者から極秘に送られてきた新種巨大生物たちの画像の一部をお見せしよう!



 『釣り★スタ』では、映画『シン・ゴジラ』の公開記念企画『ゴジラ対エヴァンゲリオン』とのコラボイベントを開催中だ。


 ゴジラ、エヴァンゲリオン両作品の有名キャラクターが多数登場!


 使徒魚や怪獣魚を、釣って釣って釣りまくろう!


>>『釣り★スタ』ゴジラ討伐作戦はこちら(iOS)


>>『釣り★スタ』ゴジラ討伐作戦はこちら(Android)



-------------------------------------------------


「ゴジラ対エヴァンゲリオン」について


-------------------------------------------------


一大コラボレーション企画「ゴジラ対エヴァンゲリオン」は、映画「シン・ゴジラ」 の公開を記念し、同作の脚本・総監督を庵野秀明氏が務めたことにより実現いたしました。


-------------------------------------------------


映画「シン・ゴジラ」について


-------------------------------------------------


誕生から約 60 年、これまでに日本で計 28 作品が製作され、世界でも幅広い人気を博している「ゴジラ」。その国内12 年ぶりとなる最新作「シン・ゴジラ」が大ヒット公開中! 


脚本・総監督は、人気アニメ「エヴァンゲリオン」の生みの親・庵野秀明。シリーズ初の フルCGで描かれるゴジラは、史上最大となる体長118.5 メートルのスケールはもちろん、 我々の想像を遥かに超える最強の完全生物として、“大いなる恐怖”を持ってスクリーンに現れる。


そのゴジラと対峙するのは、主演の長谷川博巳をはじめ、竹野内豊、石原さとみら、日本 映画界を代表するオールスターキャスト。その数なんと328 人!この夏、史上最高のゴジラ映画を目撃せよ。 


● シン・ゴジラ公式サイト http://shin-godzilla.jp/


●ゴジラ対エヴァンゲリオン特設HP http://shin-godzilla.jp/gvse/


(c) GREE


TM&(c)TOHO CO., LTD. (c)カラー


※イベントの内容および詳細はゲーム内でご確認ください


※本キャンペーンは予告なく中止および変更させていただく場合がございます


提供元:グリー株式会社

  • 9/12 19:37
  • Scoopie News

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

14

記事の無断転載を禁じます