『櫻井有吉アブナイ夜会』人気モデル・マギーが極貧生活、不遇ないじめ時代を激白!

拡大画像を見る

 10日に放送されたTBS系『櫻井有吉アブナイ夜会』にハーフモデルのマギーが出演し、いじめ・極貧生活など不遇な時代の過去を明かし、反響を呼んでいる。

 「芸能界で花開いた美女たちが人生の恩人と再会する夜会!」と題した今回の企画に、ゲストとして出演したマギー。彼女が再会したい恩人は“一番辛かった時代に支えてくれた親友”だった。モデル・タレントとして近年、人気急上昇中のマギー。華やかしい活躍を見せる彼女だが、実は幼少期から10代にかけて不遇な時代があったという。

有吉、福士蒼汰に壁ドンされて骨抜き

 2歳半の頃に両親が離婚、父親に引き取られるも「収入が不安定だったため、生活はかなり貧しかった」など“極貧生活”だったエピソードを激白。また、ガイコツと呼ばれるほど痩せていたことやハーフということで、学生時代にいじめを受けていたことも明かした。そんな中、何があっても味方でいてくれたのが親友・美咲さんだったという。

 再会場所はマギーの地元・横浜。2人きりで話すのは8年ぶりだそうで、お互い緊張しながらも、すぐに打ち解けた様子を見せた。そして、マギーは涙をうかべながら美咲さんへ感謝の気持ちを、美咲さんは手紙でマギーへの変わらない思いを伝え合った。その光景に司会の有吉弘行も「いい人ですね」「優しい」と感心していた。

 これに対してネット上では、「マギーと親友さんのVTR見ながら私泣いた」「マギーちゃんと同じように、なんでも話せる友達ほしい!」「やっぱりこういう友達っていいな、優しいな、マギーの友達」などの声が寄せられている。

関連リンク

  • 12/11 11:53
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます