『怒り新党』ストリートミュージシャンへの投げ銭にマツコ「1000円は入れる」

拡大画像を見る

 2日に放送されたテレビ朝日系『マツコ&有吉の怒り新党』で、マツコ・デラックスが“ストリートミュージシャンへの投げ銭”について言及し、話題になっている。

 きっかけは、「ストリートミュージシャンへの投げ銭はいくらが正解なのか。100円や500円だと、自分の懐事情を考えると躊躇してしまう、5円や10円だとお賽銭の感覚がしてしまう」という24歳女性からの投稿であった。

マツコ「器用な人は、便利な人で終わる」

 マツコはこれに対して「立ち止まって聞いちゃったようなすごいパフォーマンスの時は、1000円払うと決めている」と回答した。

 続けてマツコは、“1000円”に決めている理由として「小銭をあげるって、相手のことをちょっとバカにしてる感じがしてイヤ。1000円の価値があると思ったものに対しては、1番額の低いお札“1000円”を入れるようにしている」という。これには有吉も納得した。

 番組では、ストリートミュージシャン50人に“どのくらいの金額を貰うことが多いか”というアンケートを実施。1位は100円・2位は1000円・3位は50円・4位は10円・5位は500円という結果になった。また、飴・ガム・ジュースなどをくれる人も多いという。

 これに対してネット上では、「投げ銭って迷うのよね。室内での投げ銭ライブはお札入れるけど。」「自分が思った感じた金額をそのまま入れればいいんじゃないのかね?」「気に入ったら手売りのCDを買ってあげることにしてる」などの声が寄せられている。

関連リンク

  • 12/4 12:51
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます