『鉄腕!DASH!!』世界一美味いラーメンへの道!TOKIO城島、最高のメンマ完成か!?

拡大画像を見る

 18日に放送された日本テレビ系『ザ!鉄腕!DASH!!』にて、TOKIOのリーダー城島が本気のメンマ作りに挑戦。城島の惜しみない手間のかけ方や、意外に知られていなかった発酵食品・メンマの詳しい作り方の紹介に反響が寄せられている。

 同番組では、TOKIOの面々がシリーズで『世界一美味いラーメン』を作っており、今回はラーメンの上に乗せるメンマにこだわった。

明石家さんまの意外な性格診断結果

 前回までに、3人の達人にダメ出しされたTOKIOのラーメン。
 達人の前島氏に「タレ」の大事さを示され、さらに「これがTOKIOのラーメンなんだっていう個性が大事なんですよね。あと大事なのはラーメンの上に何をのせるのか?」とのアドバイスを貰い、城島はラーメンの具となるメンマを作るため、沖縄本島の今帰仁へ飛んだ。

 メンマのプロフェッショナル二人の助言を受けながら、材料の麻竹(まちく)を収穫した城島。これまで様々な竹を扱ってきた城島はこの時点で、孟宗竹との香りの違いに気がつき、「あ、これ酸味か」と鋭い指摘を見せた。
 実は、この酸味は乳酸菌によるもの。プロの説明によると、麻竹は乳酸菌の働きにより発酵して、メンマとなるのだという。

 収穫、皮剥ぎ、茹でてアク抜き、1ヶ月の発酵期間、乾燥、煮る・寝かせるの繰り返し……と大変な手間をかけ、ついにメンマが完成。
 城島も「……麺との相性もいい。これやな」と満足の表情を見せ、世界一美味いラーメンに相応しい納得の味に仕上がったようだ。

 後は、松岡のタレ作りが『世界一美味いラーメン』のカギとなる。今後の展開に大いに期待したい。

 これに対してネット上では「メンマまで作っちゃうTOKIOすげー」「メンマが竹だったとは知らなかった!」などの声が殺到している。
 

関連リンク

  • 10/19 11:11
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます