【誰かに教えたくなる話】恵比寿今昔物語~ビールの名前が地名になるまで

拡大画像を見る

東京で一番かわいい子がいる街(!?)、恵比寿。
恵比寿も渋谷と同じく、江戸時代は畑と田んぼだらけ。「三田村」という名前だったそうです。
今のようなおしゃれな街になる前は、どんな場所だったのでしょうか?
今日は、恵比寿駅と、切っても切れない「ビール」とのお話。

若者が集まるおしゃれな街、恵比寿。
今ではすっかり洗練された姿になっていますが、もともとはご存知「ビールの街」。
恵比寿駅は明治34年、ビール出荷専用の駅として開業しました。

恵比寿駅東口にある坂。
ガーデンプレイス側に行くとき、現在はスカイウォークと呼ばれる「動く歩道」を使うため、あまり行く機会はないかもしれません。
実はここに、一部分だけ石畳が残っているのをご存知でしたか?

アスファルトに埋め込まれたように残る石畳。
これは、当時馬でビールを運ぶ時、蹄(ひづめ)が滑らないように敷かれた石畳だと言われています。
恵比寿が100年前から、ビールの街であることを示すものです。

ガーデンプレイスは、「サッポロビール恵比寿工場」があった場所。
明治22年に醸造場が完成、翌年に「恵比寿ビール」が発売されました。
当時の名前は「恵比寿麦酒(えびすばくしゅ)」。
もともとは七福神から「大黒天ビール」という名前にしようと思っていたところ、横浜にすでに「大黒ビール」が存在したため、「恵比寿」に改名したのだそうです。

その美味しさはまたたくまに庶民に広がり、恵比寿ビールは現在の銀座に日本で初めての「ビヤホール」を開業。
名前は「恵比寿ビヤホール」……銀座に恵比寿?と少しややこしいですが、当時はまだ「恵比寿駅」はありません。

恵比寿といえば、ビール。
その経緯から、工場があった現在の場所が「恵比寿」という地名になったのは、昭和3年のこと。
地名になり、駅名になるほど、恵比寿ビールの人気は揺るがないものだったのですね。

お洒落でありながら、どこかビールの似合うカジュアルさも残る街。
歴史に思いを馳せながら、グイッと一杯、やりたいものです。

文/岡本清香


TOKYO FM「シンクロのシティ」にて毎日お送りしているコーナー「トウキョウハナコマチ」。江戸から現代まで、東京の土地の歴史にまつわる数々のエピソードをご紹介しています。今回の読み物は、「恵比寿今昔物語」として、4月22日に放送しました。

<番組概要>
番組名:「シンクロのシティ」
放送日時 :毎週月~木曜15:00~16:50
パーソナリティ:堀内貴之、MIO
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/city/

記事提供:TOKYO FM +

関連リンク

  • 10/10 11:00
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます