宮本亜門とヒャダインは親子のようにそっくり!はじめてのツーショットを公開

拡大画像を見る

 宮本亜門とヒャダインは親子のようにそっくりだと以前から言われていたが宮本亜門がTwitterで初めてツーショットを公開。とても似ていると話題になっている。

 写真につけた「やっとお会いできたヒャダインさん!よく似てると言われます。ABKAIの開場音楽はヒャダインさん作で、会場が盛り上がってます!亜門」という亜門のコメントに対して、ファンからは「お二人とも笑顔が素敵だ!」と二人の顔が似ている件にコメントもあった。また「わっ。またここで1つ繋がった様な感じがして嬉しいです!d(d´︶`*)」という二人のつながりを賞賛するコメントもあった。

 この亜門の投稿に対し、ヒャダインも自身のTwitterでリツイート。ヒャダインファンにも画像を拡散した。

 ヒャダインは6/12の日経新聞の一面にインタビューで登場。「受験はゴールじゃない。チャンスは必ず訪れる」とのコメントを残して、大きな話題となった。
 亜門は市川海老蔵自主主演舞台ABKAIの演出を担当。花さかじいさんを元ネタに、歌舞伎の新しい道を開いた。
 亜門はそのほかにも、ドラムの近未来舞台DRUM TAOの演出など、さまざまな舞台の演出を手がけている。

※画像はTwitterから

関連リンク

  • 6/22 21:30
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます