「AQUOS」のCMに出演!声優・花澤香菜のコミカルな芝居に思わずクスリ

拡大画像を見る

 声優の花澤香菜が、シャープのスマートフォン「AQUOS」搭載の音声・画像お知らせ機能「emopa(エモパー)」のWEBプロモーション動画に出演。CMにおいてコミカルな演技を披露している様子が、声優ファンを中心に話題になっている。

 任侠映画のセリフを真似つつキレ芸を炸裂させた第1弾「新境地編」に続き、先日第2弾である「絶対絶命編」の配信を開始。第2弾では、自身の声がダミ声に変わってしまうというアクシデントに見舞われる内容になっており、第1弾以上にコミカルな要素を詰め込んだ内容を演じる彼女に、ネット上では「ダミ声で癒されるという初の体験」「声のギャップがwwめちゃくちゃ面白いw」といったような声があがっている。

筋肉界のアイドル「マッチョ29」誕生
 
 そんな思わずクスリとしてしまうCMにて演技を見せた花澤。2003年に声優としてデビューし、近年の代表作には、『PSYCHO-PASS サイコパス』の常守朱役や、『化物語』の千石撫子役などがある。活動が本格的になった2006年以降、毎年コンスタントにメインキャストを担当しているところから、日本一忙しい女性声優といわれることもある。

 一方役者としての経歴も長く、幼少時代には子役として活動していた時期も。過去には『やっぱりさんま大先生』やドラマ『ガッコの先生』などに出演していた。今年3月には自身の初主演映画である『君がいなくちゃだめなんだ』に出演。声というフィールドを越えてキャリアを積んでいる女優であるといっても過言ではない。

 今回のWEBプロモーションは8月31日まで実施。期間中は随時新しい動画が公開されるとのことで、花澤のコミカルな演技に、まだまだクスリとさせられそうだ。

(相場龍児) 

※画像はTwitterより

関連リンク

  • 6/22 20:53
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます