目指すは紅白出場…!? 筋肉界のアイドル「マッチョ29」が誕生! 

 6月10日、渋谷マルイのイベントスペースにて、歌って踊れるアイドルグループ「マッチョ29」のお披露目会が行われた。マッチョをリスペクトする記者も参加してきた。

 「マッチョ29」とは、29人のマッチョがいるわけではなく、「肉」の29に由来。現在は約10名のマッチョが所属している。「ダンスや歌、トークはそこそこ」と本人たちは語るが、まごうことなきマッチョ集団であることは確かだ。



声優・大塚明夫の神対応にファン歓喜

 開演直前に、「パンプアップのため、開演が5分遅れます」と司会者よりアナウンスされると、熱気あふれる会場からはクスクスと笑い声がこぼれた。



 そしてデビュー曲『ビバ!マッチョ』をひっさげてマッチョ29が登場。



「俺の体に声を揃えて でかいよ(イェイイェイ) ひろいよ(イェイイェイ)」
「マッチョマチョマチョマッチョ 僕の腕の中でフォーリンラブ」

 ノリのいいアップテンポのこの曲は、合同練習を3回しか行っていないそう。だが、そこはさすがマッチョ。みんな息がぴったりで、筋肉もキレキレだった。




 曲中には、プロテイン切れとなりドリンクを補充する寸劇も用意! ファンを楽しませた。


 質疑応答タイムでは、マッチョ芸を披露。



 希望者の周りをさまざまなポーズでぐるぐると回る「肉の壁」。マッチョを360度楽しめる夢のような芸に、うらやましさがつのるばかり!



 続いては、1列に並んで「マッチョ」「マッチョ」と声を発しながら胸筋をぴくぴくさせていく「トレイン」。絵面は少し地味だが、日々の筋トレあってこその技だ。

 今後の野望を問われると、「日本一のアイドル。まずはMステの出演を目指します。ゆくゆくは紅白出演を果たしたい」とメンバーの相澤飛鳥さんがコメント。

 また、「AKB48のようにセンター争いがあるのか」という質問について、センターを務める織田貴義さんが「センター争いよりも、早くトレーニングをしたいです。家にテレビがないので、AKBとかよくわからないんです……」と答え、会場を笑いに包む場面もあった。

 今夏、渋谷マルイにて「マッチョ氷」をオープンするほか、「マッチョ迷路」「夏マチョリ(祭り)」「マッチョ講習会」を展開予定。嗚呼、激アツな夏が待ち遠しい!

(フナマキ)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/13 11:00
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます