魅せ肌を作る|本当に自分に合ったファンデーションの選び方

拡大画像を見る

自分の肌にはどういったファンデーションが合っているのか、本当に分かっていますか?

もちろん商品によっても異なりますが、ファンデーションを選ぶ上でまず大事なのはタイプ(形状)と色です。ここを間違えると、いくら商品を買い直しても自分の理想の肌にはたどり着かないかもしれません。

そこで、本日は右も左も分からないメイク初心者さんから、今使っているのが何だかしっくりきていないけど、今さら人には聞けない…という方まで、みなさんが満足いくファンデーションの正しい選び方をご紹介します。

1.初心者のためのファンデーションの選び方


1-1.ファンデーションの4つのタイプ


まずはファンデーションにはどのような種類があり、それぞれどう違うのかを理解することから始める必要があります。自分に適したタイプが分からないと、商品選びもできません。メーカーによって名称も異なり様々ではありますが、ざっくりと分けた時の主流の4つを紹介します。

①パウダーファンデーション(ケーキファンデーション)

パウダーファンデーション手軽に使用できるため、一番広く普及しているファンデーションです。
粉末状のファンデーションを固めた形状(ケーキ)になっていて、ほとんどがコンパクトケースに入っています。プレストファンデーションとも呼ばれます。

②リキッドファンデーション

リキッドファンデーション油性成分が液状になっているタイプのファンデーションです。質感は乳液のような軽いタッチの物から、ドロっとした重たい物まであります。ほとんどがビンやチューブの容器に入っています。
粉のファンデーションよりも、伸びがよくフィット感・カバー力が高いのが特徴です。

③クリームファンデーション

クリームファンデーションリキッドファンデーションよりも油性成分が多く、コクがあります。保湿力が高く、しっとりとした仕上がりで、カバー力もより高めです。秋冬用や、乾燥肌の人向けのファンデーションとして商品化されているものが多いです。

④ルースファンデーション

ルースファンデーションサラサラの粉が固められずにそのまま容器に入ったタイプのファンデーションです。
軽い付け心地で、元の肌を生かしたふんわりとした仕上がりになります。一年中使えるのも利点ですが、その分、カバー力が低く、化粧崩れしやすいです。

1-2.10代のためのファンデーションの選び方



メイク初心者だと、高校生または大学生、社会人成りたてという方が多いと思いますが、正直、その年齢にとってファンデーションは必要ありません!

それは、ファンデーションをつけなくても十分素肌がキレイですし、早い年齢からファンデーションをすることは、肌の老化を早めることになるからです。

ただ、そうは言っても皮脂分泌がさかんな年齢でもありますので、顔のテカリが気になる方も多いと思います。そこで、ファンデーションは使わず、フェイスパウダーのみで仕上げることをおすすめします。フェイスパウダーには油分が含まれていないので付け心地も軽く、落とす時も簡単で負担が軽いからです。

ミネラルファンデーションもおすすめです。詳しくは本当に肌のことを考えたミネラルファンデーションランキングをご参照ください。

化粧下地も油分が多いため、皮脂分泌がさかんな10代の肌には合いません。下地をつけなくても素肌の美しさが十分活かせますので、スキンケアのあとそのままパウダーをつけましょう。

もし、フェイスパウダーだけでは物足りない!という場合はルースファンデーションまたはパウダーファンデーションの粉状のファンデーションにしましょう。

1-3.肌質に合わせた選び方


20代を過ぎると、年齢を重ねる毎に肌質が変化していきます。また、季節や生活習慣によって肌質が大きく変わるので、その時のご自身の肌の悩みに合わせて選ぶことが必要です。

分布図としてはこのようになります。

肌質別で詳しく説明します。

①乾燥肌(乾燥が気になる方)が選ぶファンデーション

普段使い・・・ミネラルファンデーションorフェイスパウダー

乾燥肌の方は、肌をこれ以上乾燥させないように、負担をかけないメイクをすることを心がけなければいけません。しっかりメイクをすると、その分クレンジングをする時に肌に負担をかけてしまうからです。

油分の入っていない(または少ない)ミネラルファンデーションやフェイスパウダーであれば、つけている時も、落とすときも負担が最も軽く済むため、普段使いでは1番おすすめです。ただ、時間の経過と共に化粧崩れしやすいので注意しましょう。

ミネラルファンデーションとは
天然のミネラル(鉱物)だけで作られたファンデーションです。石鹸で落とせて肌にやさしいのが最大の特徴です。
ただし、選び方には注意が必要です。詳しくはこちらの記事で詳しくご紹介していますのでご参照ください。
⇒本当に肌のことを考えたミネラルファンデーションランキング

しっかりメイク・・・リキッドファンデーションorクリームファンデーション

仕事やお出かけ等で、しっかりメイクしたいという時は、リキッド・クリームの液状のファンデーションが良いです。

リキッドやクリームタイプは油分を含んでいるため、カサカサした肌表面をおさえて、滑らかに整えてくれます。より乾燥が気になる方は、クリームタイプの方がおすすめです。保湿力が高く、時間が経っても潤いを逃がしにくくなっています。

ただ、油をたくさん含んでいる分落ちにくいので、クレンジングの時はこすりすぎに注意しましょう。

②オイリー肌(テカリが気になる方)が選ぶファンデーション

ナチュラルメイク・・・パウダーファンデーションをブラシでつける
しっかりメイク・・・パウダーファンデーションをパフでつける


オイリー肌におすすめなのは粉状のパウダーファンデーション(またはルースファンデーション)です。なじみも良く、顔のテカリを抑えてくれます。

オイリー肌は、既に肌表面に皮脂がたくさんあるので、油分の多いリキッドやクリームだと脂浮きしてしまったり、化粧ムラもできやすく、すぐにテカってしまったりします。

③混合肌(乾燥もテカリも気になる方)が選ぶファンデーション

Tゾーンにはパウダーファンデーション、その他の部分はリキッドファンデーションのW使い

混合肌の方は、顔の中に乾燥した部分と脂っぽい部分が混在しているので、その部分に合わせてタイプを使い分けるのがベストです。
乾燥しやすいフェイスラインや目元、 口元は保湿力の高いリキッドタイプを使い、皮脂の分泌が多いTゾーンはパウダータイプで仕上げるとよいでしょう。

1-4.ファンデーションの値段について




1.ファンデーションの値段の違い

自分に合ったファンデーションのタイプが分かったら、次は商品選びです。
3ケタで買えるものから1万円近くするものまで金額はそれぞれですが、必ずしも高い商品=良い商品であるとは限りません。

金額の高いファンデーションについては、
◎キメが細かい
◎肌なじみが良い
◎崩れにくい

などの肌がキレイに見えるメリットも確かにあります。

ですが、性能の他に、
・CMなどの宣伝費
・イメージモデルのタイアップ費
・開発・研究費


など、それ以外の金額が大半を占めています。

コンパクトがかわいいからなどの理由で選ぶのであれば構いませんが、そうでなければまずは手頃な価格から試してみてはいかがでしょうか。

2.年代別平均購入価格

価格の相場が分からない…という方は、同年齢の平均価格を参考にしてみるのも良いでしょう。

ポーラ文化研究所が2013年に女性1500名に行ったアンケート調査、「女性の化粧行動・意識に関する実態調査2013 メーク編」では、ファンデーションの金額の中央値は2750円でした。
(中央値:調査データを低い順から全て並べていった時に、ちょうど真ん中になる値)

【年齢別 ファンデーション価格(中央値)】
15~19歳:1250円
20~24歳:1750円
25~29歳:2750円
30~34歳:2750円
35~39歳:2250円
40~64歳:2750円

(40歳以上については全て結果が一緒だったためまとめさせていただきました)

3.安いファンデーションの性能

値段が安すぎるファンデーションは何か悪いものでも入っているのではないか!?という不安がある方もいらっしゃると思いますので、ここで解明します。

結論から言いますと、日本が製造元のメーカーである限り、事前の検査が義務付けられている害のあるものは入っていません。(または入っていても微量で害のない範囲内)
※人によってはアレルギーや肌荒れを起こしますが、これはどの商品にも言えることです。

不安であれば、どこで作ったかよく分からない商品は買わないことです。

2.上級者のための選び方


より自分に合ったファンデーションを見つけるには、2つのポイントがあります。

【ポイント①】自分の色にあったファンデーションを選ぶ
【ポイント②】適切な下準備&正しい塗り方をする


順番にご説明します。

2-1.自分に合った色味の見つけ方


「自分の肌に合った色」の確かめ方は、フェイスラインです。

首の色だけに合わせたのでは不十分です。耳の下からアゴにかけてのフェイスラインにファンデーションをつけて確認してみましょう。顔とのなじみ、首とのなじみの両方を確認できるため、本当に自分の肌に合ったファンデーションの色が分かります。

ファンデーションの色の名称はメーカーによっても違いますが、大体は下記のように分けられます。


肌の色別おすすめカラー

■[日本人に一番多い]黄色みがある肌の方
【おすすめのファンデーションカラー】…ピンク系のカラー

このタイプは顔色が悪く見えがちですので、肌になじみやすいピンク系カラーのファンデーションを使うと顔色を明るく見せられます。ベージュ系のカラーはよけいにくすんで見えてしまいますのでNGです。

■色白の肌の方
【おすすめのファンデーションカラー】…薄いベージュ系

ピンク系を選ぶ方が多いですが、時間が経つにつれて、ファンデーションの色が浮き出た感じになってしまいがちです。ベージュ系のカラーを使えば白浮きが防げて、引き締め効果もあり、すっきりした印象を保てます。特に色白の方であれば、外国製のファンデーションの方が適している可能性が高いので試してみてください。

■色黒の肌の方
【おすすめのファンデーションカラー】…オークル系+ピンク系


薄くオークル系のカラーをつけてから、ピンク系のカラーを上に重ねると、どんよりとならずにパッと明るい印象になります。オークル系のカラーだけですと、時間が経つとくすんだ印象になり、次第に疲れたような肌に見えてしまいがちです。

■中間色の肌の方
【おすすめのファンデーションカラー】…オークル系

オークルなどのナチュラルカラーが良いです。しかし時間が経つと、皮脂とファンデーションの油分が混ざり、肌の色が濃く見えてきてしまいますので、化粧直しの時はピンク系のカラーや薄いベージュ系のカラーを使いましょう。

■顔に赤みがある肌の方
【おすすめのファンデーションカラー】…ベージュ系のカラー

ベージュ系のカラーを使えば、顔の赤みが抑えられ、透明感のある肌を演出してくれます。

2-2.正しいファンデーションの塗り方 4つのポイント


自分に合ったファンデーションを選んでも、塗り方を間違えていたり雑に塗っていたのでは良さを活かすことができません。塗る前の下準備であるスキンケアと下地を適切に行うことと、正しい塗り方をする必要があります。

もし商品が合っていないかも?と思っている方は、商品をコロコロ変える前に、こちらを見直してみましょう。1度使って眠っていた商品が再び活躍できるかもしれません。

①スキンケアはじっくり時間をかけて行う

ハンドプレス朝、時間がないからといって化粧水をつけたらすぐ乳液!乳液をつけたらすぐファンデーション!というように一気につけることはやめましょう。

肌の上に残った化粧水と乳液とファンデーションが混じり合って塗った瞬間から化粧崩れを起こします。また、スキンケアが肌にきちんと浸透しないためすぐに乾燥してしまいます。

1回ずつきちんちハンドプレスをして、乳液などはつけすぎてしまった場合は軽くティッシュオフするなどしましょう。

②化粧下地を使う&薄くつける

化粧下地を省略していませんか?最近では下地がいらないファンデもあるので必ずではありませんが、特にそういった記載がない場合は必ず下地を塗ってください。ファンデーションと同じブランドで揃えると相乗効果が出しやすいです。

凸凹な肌のままでは何を塗ってもキレイに見えません。下地で表面を滑らかにすることで、その後につけるファンデーションの付き方が全く変わります。

ただ、余計汚く見えてしまうため、隠したいからといって厚く塗ってはいけません。パール1粒分だけをとり、うすーく伸ばしましょう。

③ファンデーションは先になじませてから顔に塗る


リキッドの場合、いきなりのせるのではなく、スポンジ(ブラシ)や手である程度なじませてから顔につけましょう。パウダーの場合はパフやブラシにつけたら、必ず手の甲で一度なじませます。

ムラなくつけることは非常に難しいので、先に固まりをのせるとその部分だけ厚くなりすぎてドヨンとした印象になってしまいます。

④パフ(ブラシ)は最低でも週1で洗う

ずっと同じパフを使っていると、塗る時にムラができてしまいます。いつもなら一度でキレイに顔の端までなじませられるのに途中でかすれてしまった、というような場合はパフが汚れすぎているので洗ってください。

特に問題がない場合でも、菌が繁殖して肌荒れの原因になるので、最低でも週1で洗ってください。


「パフって何を使って洗うの?」
パフの洗い方についてはこちらで詳しく説明しているので参考にしてください。
≫【やってみました!】洗浄剤別 最も効果のあるパフの洗い方

ファンデーションの塗り方については、こちらの記事で詳しく説明していますのでご参照ください。
⇒理想肌を作れるファンデーションの塗り方|道具・順番・コツ

まとめ


①年齢・肌質に合わせたファンデーションのタイプを選ぶ

②フェイスラインに合わせた色を選ぶ

③適切な下準備

④正しい塗り方


この4点をきちんとおさえて、自分にぴったりのファンデーションを探してみてください。もちろん、商品によって特性も大きく異なりますので、その中でも好き嫌いが分かれるかもしれませんが、いろいろ試してみてください。

この記事は10月21日時点での情報になります。
また、効果・結果には個人差がありますのでご理解ください。

元の記事はこちら

記事提供:肌らぶ

関連リンク

  • 6/12 11:00
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます