キャスター、記者、オーナーまで……日米野球界、異例の監督就任劇

拡大画像を見る

 イチローが所属するマイアミ・マーリンズが、成績不振を理由にレドモンド監督を解任。そして、後任の監督としてダン・ジェニングス氏の就任が発表された。このニュースは、アメリカでも驚きをもって報じられている。というのも、ジェニングス新監督はこれまで、監督はもちろん、コーチとしての指導者経験もゼロ。スカウトを経て、2002年にマーリンズのフロントに入り、2013年から監督になる直前まで、チーム編成責任者であるゼネラルマネージャー(GM)を務めていたからだ。

 チームのことを一番よく知っている人物であるのは間違いない。だが、それはあくまでも背広を着て、机の上でやってきたこと。ユニフォームという“戦闘服”を着て、ダッグアウトという現場で、力を発揮できるのかどうか、まったくの未知数といっていい。

 だが、過去を振り返れば、こうした「背広組からの転身」がまったくなかったわけではない。日米における「異例の監督就任劇」をチェックしてみよう。

◎キャスターからの転身

 指導者経験ゼロから監督へ……近年、真っ先に思い浮かべる事例といえば、北海道日本ハムファイターズの監督を務める栗山英樹氏だろう。29歳の若さで現役引退した後、野球解説者や『熱闘甲子園』(テレビ朝日系)のキャスターとして活躍していた栗山氏に転機が訪れたのが2012年、50歳の時。指導者経験ゼロながら日本ハムの監督に抜擢されると、就任1年目にリーグ優勝を果たすという大仕事をやってのけた。

 栗山氏同様、キャスターから監督になった人物はMLBにも存在する。サンディエゴ・パドレスで監督を務めたジェリー・コールマン氏だ。現役時代はニューヨーク・ヤンキースで二塁手として活躍し、引退後はマスメディア界に転進。サンディエゴ・パドレスの専属キャスターを務めていたところ、1980年、同チームの監督に抜擢されたのだ。

 ただ、監督はこの1年間だけ。翌年から再びパドレスの専属キャスターに戻り、以降、2012年まで40年に渡って「パドレスの声」と呼ばれた。

◎新聞記者からの転身

 1993年から2年間、福岡ダイエーホークス(現ソフトバンク)の2軍監督を務めた有本義明氏は新聞記者からの転身組。慶應義塾大で選手としてプレーした後、プロには進まず、スポーツニッポンに入社してプロ野球を中心に取材活動を行っていた。

 その一方で、阪神の藤本定義監督からの要請で、後にエースとして活躍するバッキーの獲得をサポート。テレビやラジオのプロ野球中継で解説者を務めるなど、その活躍は新聞記者の領域を大きく越えていた。その異色の経歴と野球観に着目したのが、“球界の寝業師”、と呼ばれた根本陸夫氏。自らがGM的役割を担っていたダイエーの2軍監督に抜擢したのだ。

◎オーナーからの転身

 ボストン・ブレーブスの監督を務めたエミル・フークスもまた「変わり種監督」だった。というのも、フークスはもともとブレーブスのオーナーだったからだ。1929年、チームの資金不足で監督を雇う余裕がなく、このシーズンだけ自ら監督を務めてしまった。

 ブレーブスはその後、何度も移転やチーム名変更を繰り返し、1966年に今につながるアトランタ・ブレーブスになったが、“オーナーが緊急事態に監督になる”という伝統はなぜか繰り返されることになる。1977年5月11日、16連敗という泥沼に業を煮やしたオーナーのテッド・ターナーが自ら監督に就任したのだ。ところが、その試合でも敗れてチームは17連敗。ターナーは懲りたのか、この1試合で退任してしまった。


 必ずしも名選手が名監督になるわけではないのが野球という競技の奥深さ。異色の経歴がチームにどんな化学反応を生み出すのかも含め、ジェニングス新監督の采配には注目していきたい。


 『週刊野球太郎』(http://yakyutaro.jp)では、『プロ野球格差対決2015』と題し、体格差、年棒差、出身地、境遇といった、さまざまな格差対決を特集! 雄平vs.新井貴浩、三浦大輔vs.松中信彦、西川遥輝vs.石川雄洋……これらは一体、どんな格差対決でしょうか!?

 『高校野球&ドラフト候補選手名鑑』(http://players.yakyutaro.jp)では、センバツ優勝の敦賀気比、準優勝の東海大四へ独占野球部訪問しました。

※リンクが表示されない場合は、http://yakyutaro.jp/をコピーしてアクセスしてください。
※『週刊野球太郎』と『高校野球&ドラフト候補選手名鑑』は、auスマートパス、Softbank、ドコモSPモードに対応しています。

関連リンク

  • 5/21 10:01
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます