スマホで指を鍛えると、どのくらい気持ちいいのかやってみた

拡大画像を見る

こんにちは、GREEニュース編集部のジェイです。
きっかけさえあれば、人の潜在能力は解放されます。僕の親指もそうでした。
今回は、僕自ら親指の力を引き出し、身近な人を喜ばせた、そんな経験を紹介します。

ある昼休みのことでした。



お昼ご飯を食べて一息ついていると、上司の直人さんが近づいてきました。



「ちょっと、ジェイ!肩こった。マッサージしてよ。」



「はい、いいですよ!」



もみもみ・・・



もみもみもみ・・・・




ん・・・?



「オラァァァーーーーーー」


・・・


「・・・ジェイ、マッサージ下手だなぁ、全然気持ち良くないよ。」
「すいません。」



(・・・)


(なぜだ・・・)

(肩こりに効くのは肩井・肩中兪・肩外兪の3つのツボ。やや強めに押すことで肩こりは解消できるはずなのに。)



(くやしい・・・)



(なぜなんだ・・・・・・)




(指か・・・)



(そうか、親指か・・・)






それから来る日も来る日も親指を鍛えた。




通勤中も・・・










コーヒー飲みながら・・・










トイレに行く時も・・・











そして・・・・・・


(あ、見つけた!)




「直人さん、マッサージしますよ。」


「ジェイのマッサージ気持ち良くないからなぁ」



「まぁまぁ、座ってください!」





もみもみもみ・・・


「はっ!」




「き、きもちいいぃぃ!どうしてこんなにうまくなったの?」
「あ、親指を鍛えたんですよ!スマホゲームで!」





「なるほどな。ありがとう!」




おわり


※ボタンの押しすぎには注意してください。
むやみに量をこなそうとするのではなく、ゆっくり質の良いトレーニングを行うことが効果的です。



ちなみに、今回使用した『神獄のヴァルハラゲート』はこちら!

提供:株式会社グラニ

関連リンク

  • 4/29 10:00
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

12

記事の無断転載を禁じます