刃物みたいに怖い! 「歩きタバコ」の危険を描いた衝撃的なイラストが話題に


 漫画家のシバキヨさんが自身のTwitterに投稿したイラストが話題になっている。

 シバキヨさんは、コミックエッセイを得意とする漫画家。普段は子育てや夫婦の間で起こるユーモラスな場面を描いている。

 そんな明るくかわいらしい作品が得意な彼女だが、今回投稿された「歩きタバコの恐ろしさ」を描いたイラストは、歩きタバコを「包丁」に見立てた衝撃的な内容となっている。


カオスな子育て写真が話題に

 ネット上では「タバコは趣味だと思ってる。最低限のマナーも守れない奴は楽しむ資格がない」「子持ちじゃないけど本当にそう思う」「歩きタバコはダメだけど包丁は言いすぎ」などの声が上がった。

 今回、なぜこのイラストを制作したのか、作者のシバキヨさんに話を聞いてみた。

 「先日、4歳の娘と散歩しているときに、前方から歩きタバコをしている人が近づいてきました。男性のタバコを持つ手の位置は、ちょうど娘の顔のあたりにくる高さ。まだ娘は幼いので、いつ私の手を離して走り出すかわかりません。幸いそのときは何もありませんでしたが、私が感じた『歩きタバコは本当に怖い』という気持ちが他の人にも伝わればと思い、イラストを公開しました」

 ネット上では「さすがに包丁は言いすぎ」といった意見もあるが、果たしてそうなのだろうか? そこで、実際に喫煙経験がある人にシバキヨさんのイラストを見てもらい、その感想を聞いた。

 「イラストの内容には本当に共感できます。副流煙も当たるので非常識。歩きタバコは本当にやめてほしい」(女性・既婚者子持ち・現喫煙者)

 「子どもがいる身としてはかなり警戒します。自分自身、過去に歩きタバコが原因でトラブルになりました。それ以来絶対にやりませんね」(男性・既婚者子持ち・現喫煙者)

 「歩きタバコは本当に嫌。このイラストがもっと拡散されてほしい」(男性・既婚者子持ち・元喫煙者)

 喫煙者でさえこんな意見なのだ。シバキヨさんのイラストが決して誇張ではないことがわかる。

 最後にシバキヨさんはこう語る。「このイラストをきっかけに議論が広まって、歩きタバコをする人が少しでも減ったらいいなと思います。喫煙マナーさえ守ってくれれば何も問題ないんですから」。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/27 3:44
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

36
  • つばめ

    5/3 23:28

    記事と同じこと書くけど、男性がタバコを持って腕を真っ直ぐ下ろした高さって、子供の顔の高さっていうか、目線丁度だったはずよ。包丁がだめって言うなら、歩きタバコする人は、自分の目にタバコを向けてみるといい。それだけで相当怖いって実感するはず。

  • 歩きタバコしてる馬鹿に注意したら逆ギレされて本当に刃物で刺されそうで怖いんですけど。

  • タバコなんて、喫煙者本人にもよくないし、周囲の人も受動喫煙になるし、クサイし、危険だし、良いこと無いジャン。

記事の無断転載を禁じます