フルマラソン初挑戦のグラドル木嶋ゆり・辻柚音……練習3ヶ月で完走できた!?【画像14枚あり】

 グラビアアイドルの木嶋ゆりと辻柚音が4月19日、茨城県土浦市で行われた「かすみがうらマラソン」でフルマラソンに挑戦した。マラソン未経験のふたりは3ヶ月間、奥山智也トレーナーと舟橋立二メディカルトレーナーの指導を受けて練習に励み、本番を迎えた。

 スタート前のふたりには、まだ笑顔が見られる。
左から辻柚音、「きじゆり」こと木嶋ゆり、奥山トレーナー。辻柚音は168cmの高身長に92cmのFカップ。スリーサイズはB92・W62・H91のバランスの取れたボディー、木嶋ゆりは、身長163㎝にDカップ。スリーサイズはB86・W60・H89で、清楚なルックスながらムチムチボディーが魅力だ。

 順調に走っていくふたり。伴走スタッフから「10km地点通過」「15km地点通過」と連絡が入るたびに、他のスタッフは安堵する。

朝ドラ出演中の美人はブレイク当然!?

 ところが、17km地点は2時間15分以内に通過しなければならないという関門が! 15km通過の報告を受けた時点で、ふたりともギリギリのタイムだった。17Kmで終わってしまってはあまりにももったいない。

 しかし、そんな関門も無事、制限時間内に通過! ほっとしたのも束の間、「きじゆりが脚が痛いと言っていて走れない。今、歩いています」と、奥山コーチから連絡が入った。それまで一緒に走行していたきじゆりと辻であったが、ここでふたりは分かれ、辻が一足先に走っていくことになった。

 28km地点で待ち構えていると、辻が笑顔で走ってきた。まだまだ元気そうだ。伴走スタッフによると、一度も歩くことなく同じペースで走り続けているという。栄養補給と舟橋トレーナーによるメディカルチェックを受けた後、再び軽快に走り始めた。



 その後、きじゆりと奥山トレーナーが歩いてやってきた。かなり辛そうな表情をしている。

 メディカルチェックを行った結果「これ以上無理をすると、疲労骨折をする可能性もあるから、もうやめようか?」と舟橋トレーナー。

左、メディカルチェックをする舟橋トレーナー

 きじゆりはこれでリタイアか……。誰もがそう思った瞬間、彼女の口から出たのは「歩けば制限時間内の6時間15分に間に合いますよね? じゃあ、歩きます」という強い意志を持った言葉だった。脚の痛みを堪えながら、きじゆりはしっかりと歩いてゴールへ向かっていった。

 途中、辻が30km地点を通過したと連絡が。辻は5時間を切ることを目標にしていた。このまま順調にいけば目標達成できるかもしれない。ゴール地点で辻を待っていると、何人もの選手をごぼう抜きし、最後のダッシュを決める辻の姿が近付いてきた! そして、笑顔でゴール! パーソナルタイムはなんと、4時間54分51秒(スタート地点ではロスタイムがあるため、ロスタイム分を引いて換算)! マラソン初挑戦にしてこの好タイムには脱帽である。




 歩いてゴールに向かってくるきじゆりを待つ。40km地点通過の連絡が来た頃には、雨が降り始めていた。雨で体が冷えてしまってはさらに脚の痛みが悪化しそうだ。大会制限時間は6時間15分。刻一刻と制限時間が迫ってきている。

 と、そのとき、きじゆりと奥山トレーナーの姿を発見! なんと、走っているではないか! そして、無事ゴール! パーソナルタイムは5時間49分25秒。6時間を切ることを目標にしていたきじゆり、見事に目標達成だ!



 ふたりとも完走、そして目標タイム達成という大成功を収めた今回のグラドルフルマラソン。今まで何事もすぐに諦めることが多かったと振り返るきじゆり。体力面だけでなく精神面でも大きく成長したようだ。

 今回の詳しいレポートは後日、「筋肉バカドットコム」で42,195kmの間に起こったドラマが詰まった記事を配信予定。こちらもチェックしていただきたい。

(姫野ケイ)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/26 13:16
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • てんちゃん

    4/30 13:12

    良く頑張ったね〜 特にきじゆりあんまり運動神経良さそうな 感じじゃ無かったから、無謀な挑戦と思っていたからね

記事の無断転載を禁じます