「タコに吸引されたみたい」「痛そう」……小島よしおが“瀉血後”の姿を披露

拡大画像を見る

 お笑い芸人の小島よしおが自身のTwitterで17日、瀉血(しゃけつ)した写真を披露し話題になっている。
 
 小島は、「瀉血(しゃけつ) 体の悪い血を抜いて体調を整える この跡すぐとれるかと思ったら3ー4日間残るらしい!日曜は営業で海パンなのに 下手こいた!
でも熱下がった^_^」というコメントとともに、瀉血治療した後の写真を公開した。

「筋肉芸人新年会」の写真に反響

 これに対してネット上では、「タコに吸引されまくったみたいになってますね!!」「新種の怪獣みたい」「味があって、おもろいです」などのコメントのほか、「痛そう」「大丈夫すか??」「吸引しすぎでは?」などの心配する声も。

 瀉血とは、血液を外部に排出させることで体の症状の改善を求める治療法の一つ。別名「メディカルカッピング」という治療法でも呼ばれており、専門のクリニックで施術されている。

※画像はTwitterから

関連リンク

  • 4/20 17:18
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

9
  • マサト

    4/23 6:04

    瀉血って医学的根拠は無いだろ(一部を除いて) 俺が敬愛する詩人のバイロンも娘のエイダも瀉血が直接の死因だったな。

  • 賃㌧しゃん天㌧

  • これやったことある!

記事の無断転載を禁じます