部屋が宇宙空間に!ブラックライトを使ったアートがスゴすぎる

 あるアーティストの、ブラックライトを使った作品が世界的に話題になっている。壁一面に特殊な塗料で絵を施したその作品は、部屋を暗くしてブラックライトをつけると全貌を現す。何の変哲もなかった部屋が、一気に宇宙空間へと姿を変えるのだ。

 作品を手がけるのはBogi Fabian(ボギ・ファビアン)さんという女性アーティスト。そのインスピレーションの源について、彼女に直接取材する機会を得ることができた。

落ち葉を動物にするアートが愛らしい

 「多くの人と同じように……」と彼女は語り始めた。「宇宙の現象、そして私たちの惑星の美しい景観に、私もまたインスパイアされています」

 宇宙や自然に対する、畏怖を伴うほど「美しい」と感じる思いを、彼女はそのままダイレクトに作品に込める。

 主に宇宙をモチーフにした作品について当編集部が取材の打診をしたところ、彼女から「実は現在、新しい作品のスタイルを手がけている」との話があった。新作は宇宙空間と地球の自然――2種類の異なる景観が人に与える感動を、ひとつの作品に込めるというものである。

 ここでもブラックライトが活躍する。キャンバスに複数の絵の具の層を重ねることで、ブラックライトのオン・オフによってまったく異なる2つの作品が楽しめるのである。

 「ブラックライトを使えば、アマゾン川の川床と、生まれたばかりの銀河を切り替えることができます」

 アーティストとして進化を続けるボギ・ファビアンさん。今後も彼女の活躍に注目したい。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/8 17:06
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます