実物を「爪楊枝」で忠実に再現! 「初期マリオのゲーム画面」の制作秘話に迫る

拡大画像を見る

 Twitter上に投稿された「初代スーパーマリオのゲーム画面」が話題になっている。なんとこの作品、14000本の爪楊枝で制作され、小さなマリオやキノコ、タイトルまで忠実に再現。

 その完成度の高さにネット上でも「はじめ刺繍かなと思ったら爪楊枝なんてさらにビックリしました」「神の領域ですよもう」といった驚きの声が寄せられ、2万を超えるお気に入りとリツイートで拡散され、注目を集めている。

「トースト少女」開発のきっかけ

 そんな緻密な爪楊枝アートの制作秘話を、制作者のBBコリーさんに詳しく聞くことができた。

 そもそもこの爪楊枝アートを始めたきっかけは「息抜き」だったと語るBBコリーさん。「もともと紙工作をメインに活動しており、別の材料を使って何か工作をしてみようと思い立ったのです」とのことだが、今回の大作を完成させるにあたり、「全然息抜きになりませんでした(笑)」と苦笑する。

 一方で、自身のもとに寄せられた「すごい!」「根気がある!」など、多くの賞賛の声を受けて、「正直これほどまで反響があるとは思っておらず、かなりびっくりしております」と話す。

 制作時には、ファミコンゲーム画面特有のドットを再現するため、細心の注意を払い、爪楊枝を貼りつけていったそう。慣れている紙工作とは素材が異なるため、取り扱い方法も変わるようだ。

 「一番の違いは素材の固さでした。少し無理をして力を加えても、形状が変化しないことは、紙よりも扱いやすかったです。逆にそのせいで指や足に爪楊枝が刺さることが度々あり、かなり痛い思いをしました……」といった爪楊枝ゆえの苦労エピソードも語られた。

 ちなみにこの作品には、1本だけ小さいマリオの描かれた爪楊枝が使われている。そんな遊び心を織り交ぜつつ、糊で固定された14000本の爪楊枝でできた大作の制作期間は約5日。

 「今後も作品を見てくださる方々の声を裏切らないよう、創作活動に励んでいきたいです」と語ってくれたBBコリーさん。同作の制作過程については、ご本人のTwitter上のタイムラインをはじめ、YouTubeやニコニコ動画で確認できる。

 また3月に開設されたホームページでは、メインの活動である紙工作による緻密な作品を閲覧できるため、ぜひこちらもチェックしてみてほしい。

※画像はTwitterから

関連リンク

  • 4/8 17:04
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5
  • アートを資源の無駄使い?┐('~`;)┌ じゃ、紙に絵を描くのも、資源の無駄使いですね!┐('~`;)┌

  • ゆうき

    4/9 13:14

    すごいとは思うけど、使用部材が『爪楊枝』って事なので、一部の団体から『資源の無駄使い』等の非難が殺到して撤去されないか心配です。

  • マズルカ

    4/9 12:52

    す・・・SUGEEEEEEEEEE!!!!!

記事の無断転載を禁じます