これも一種のキャラクター!? 「2.5次元マスク」制作秘話を直撃

 プリンターを使い、簡単にアニメ顔風になれるペーパークラフトのお面「2.5次元マスク」がネット上で話題だ。

 アニメのようなパッチリ目が特徴的な「2.5次元マスク」には5種類あり(2014年11月7日現在)、いずれも家庭用A4プリンターで簡単に印刷できる仕様となっている。なお、顔データは順次追加予定とのこと。

「キスの音」はそれぞれ国ごとに違う

 このマスクに対してTwitter上では「2.5次元マスク凄いなw」「いつかネットで顔出すことになったら2.5次元マスクつけよう」「化粧いらんじゃんやったー!」などの反応が寄せられている。

 この斬新なマスクは一体どのようにして生まれたのか。2.5次元プロジェクト運営担当者は「キャラクターの一部分だけ立体にして身につけると、何か面白い違和感が生まれるのではないかと考え、制作したのがきっかけです。手元にあるものでできればと思ったので、自宅の A4 プリンターで印刷して作れる紙製のマスクを考案しました」と話す。

 制作する上で苦労した点もあったという。「誰でも簡単に作っていただけるように、分割線をできるだけ少なくしたことです。現在公開している形にたどり着くまで何度も改良を重ねました」とのこと。

 さらに、ネット上に寄せられた多くの反響については「日本だけでなく、海外の方も作って楽しんでくださりうれしいです」と語る。

 最後に「商用利用はご遠慮いただいていますが、 2.5 次元マスクを元にカスタマイズしたり、自由な発想で撮影したりして楽しんでいただければと思います。今後は季節のイベントに合わせたり、表情に変化をつけたりしたマスクを作る予定です」と今後の展開を語ってくれた。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/10 18:09
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます