キスの音も国ごとに違う! 世界各国の擬声語を収集した絵本が人気

 世界各国の擬声語やおもしろい翻訳語を集めた話題の絵本『Soundimals』がイギリスで出版され、好評を博している。著者のジェームズ・チャップマンさんを取材した。

 チャップマンさん(25)は現在、物理学の博士号を取るため研究に勤しんでいる。絵画や語学について専門的な教育を受けたことはないが、とても興味があるという。

 「僕にとって、世界各国の擬声語で一番おもしろいところは、それぞれが異なっているところ。ひとつの音に対してひとつの言葉だけになってしまったら、つまらない。この絵本は教育の本だけど、多様性の大切さを訴えるメッセージも込めている」

 ちなみに、チャップマンさんが調べたところ、キスの音は日本語では「ちゅう」だが、中国では「BOH」、イギリスでは「MWAH」、エストニアでは「MOPSTI」と多種多様だ。

 ネットではファンが自国の擬声語を投稿して教えてくれるなど、チャップマンさんにとっても、ファンは「なくてはならないもの」になっているようだ。できる限り多くの人に伝えたいと話す。

 数年前に来日した際には、まぐろの寿司にハマったり、「三鷹の森ジブリ美術館」を訪れたりもした。さらに、ベーカリーで動物の顔をかたどったパンを見つけて喜んだり、パチンコを初体験し楽しんだりもしたという。それらは「イギリスにはないもの」と感動を込めて語る。

 最後に、日本のファンへメッセージをお願いすると「僕のイラストを見てくれてありがとう。そのうちまた日本を訪れたいよ。イギリスの寿司は日本の寿司にかなわないからね」と締めくくった。

●ジェームズ・チャップマン(James Chapman)
1989年イギリス生まれ。マンチェスター在住。大学で物理学を専攻。グラフェン(炭素の同素体の一種)について研究中。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/27 17:11
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます