Twitterで人気の男性保育士てぃ先生の書籍発売決定!『ほぉ…、ここが ちきゅうの ほいくえんか。』の執筆秘話を直撃

 男性保育士の「てぃ先生」がツイートする、子どものかわいらしい言動がネット上で大人気となり、話題を呼んでいる。

 「男の子(5歳)が女の子たちに『ドッヂボール しよ!ぼくが ボール』と言い出したので『(何だそれ)』と思いつつ見ていたら、投げられた男の子が相手チームへ走っていき、女の子にキャッチされて(抱きつかれて)、また投げられてキャッチされてという夢のようなゲームだった。天才すぎる。」

人気漫画「アラサーちゃん」のネタ出し秘話

 「女の子(3歳)に『せんせい、なんの どうぶつが かわいい?』と聞かれて『ウサギさん』と答えたら、パーにした両手を頭の上に乗せてピョンピョンしながら『どう?』と聞かれたので『可愛い』と答えたら、『えへへ…せんせいに かわいい って いってほしかったの』って。ただの天使かよ。」

 このような、思わず笑ってしまうツイートや、あまりのかわいらしさに悶えてしまうツイートは、数千回リツイートされることも少なくない。

 そんなてぃ先生が25日、自身初の書籍『ほぉ…、ここが ちきゅうの ほいくえんか。』(KKベストセラーズ)を発売することを発表。「Twitterの140文字ではつぶやけなかった“ツイート前後の物語や真相”」と銘打たれた同書。てぃ先生に執筆秘話をうかがった。

 てぃ先生は、都内の保育園に勤める20代後半 の男性保育士。「目の前で起きる子どもたちの面白い・かわいい行動や発言をTwitterを通して発信し、子どもの素敵さを伝えたかった」と話す。園や保護者には許可をもらっているという。

 てぃ先生は「Twitterは140文字までしか書けないという制限があったため、どうしても割愛せざるをえなかったり、本来伝えたかったこととは違う意味合いになってしまったり、悩ましい部分がありました。今回、書籍化する上でツイートしきれなかった前後の話をたっぷり書くことや、そのツイートに込めた本当の想いなどを載せることが叶い、大変うれしく思っています。毎日1ツイートずつという少ない更新にもかかわらず、たくさんの方々にフォローしていただいていることに驚くとともに、それだけ多くの方々に子どもの素敵なところが伝わっているのだという喜びもあります。今後はTwitterに限らず、いろいろなメディア媒体で伝えていきたいです。今回の書籍もその1つです。ぜひお手にとってみてください」と語った。

 さらに、今回の書籍のほかにも『月刊コミックフラッパー』と『月刊コミックジーン』(角川メディアファクトリー)で、マンガの連載も決定しているとのことだ。

※ 画像はTwitterから

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/8 18:29
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます