腰パンで裁判に挑んだ男が「法廷侮辱罪」で罰金を命じられる

 アメリカ、ペンシルバニア州で腰パン(ズボンを腰より下にずり下げて着用するスタイル)で法廷に出席したアダム・デニス(18)に、侮辱罪として50ドル(約5,000円)の罰金の支払いが命じられた。

 法律を専門とするサイト「ABA Journal」などによると、デニスが地方裁判所に腰パンスタイルで出席したことが「法廷侮辱罪」にあたるという。裁判所は、「下着をさらす」、「腰回りの大事なところを過度にさらす」などの行為は、法廷では許されないと警告していた。

 しかし、これに対して、デニスの弁護人キンバリー・マコールは、デニスのずり落ちたウエスト紐の上に見えていたのは下着ではなく、ジム用の半ズボンであったと主張。罰金刑は不当であり、上訴も考えていると明かした。

 この件に関し、アメリカ自由人権協会のメアリー・キャサリン・ローパーは、「法廷はオープンなところであり、どんな市民でも入ることができる。法廷で着るものに関してとやかく言われるのは、開かれた法廷の考えと逆行するものだ」とコメントしている。

 ネット上では、「問題は服装が法廷の手続きを妨害するかってことだよね」「理性のある大人なら、きちんとした服装で法廷にのぞむべき」「腰パンてなんでこんなにイライラさせるんだろう。バカっぽく見えるよね」といった声が上がっている。

関連リンク

  • 6/23 17:36
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

10
  • ひもパンとちゃうんか。。。

  • 映画なんかだと、パンクのお兄さんが法廷で中指立てたりしてましたが、それこそ、法廷侮辱罪に問われそうですよね…。実際にはあるのでしょうか…(°Д°)?

  • 腰パンで5000円ww 腰パンしてる方はいいけど見てる方は不快きわまりない 綺麗で見た目もいいパンツ履いてるならいいけど キッタネェトランクスやらだとずり下げたくなるは( ´艸`)

記事の無断転載を禁じます