Twitterに投稿した落書きがイギリス企業の目に留まりTシャツ化! 作者に取材してみた

 イラストレーターの阿部結さんがTwitterに投稿した落書きが、イギリス企業からTシャツとして商品化されることがネット上で話題になっている。

 阿部さんは今年4月に「きかんしゃトーマスのようなもの」と題した落書きをTwitterに投稿。その画像が海外含め2万人以上の人々に拡散された結果、イギリス企業の目に留まり、Tシャツ化に至ったという。

 ネット上では「スゲエエエエエエエエエエエ」「覚えてます!鮮烈だったので世界中に広がったのですね」「日本では売らないのかしら」といった声が上がっている。

 そこで、どういった経緯で落書きがイギリスでTシャツとして発売することになったのか、阿部結さんに取材してみた。

 「例の落書きは2010年頃に描いたものです。それを引っ越しの準備をしているときに見つけ、4月、Twitterに投稿しました。拡散したイラストを気に入ったイギリスのTシャツ会社の方が『Tシャツにしたい』というメールを送ってくれました」(阿部さん)

 イラスト自体は、「機関車トーマスの中身がもし人間だったら……」という想像から生まれたものだそう。

 阿部さんは、「まさかただの落書きがこんなことになってしまうなんて思ってもいませんでした。人生何が起きるかわからないものだなぁと感じました。絵は言葉の壁を必要としないので、自分の描いたものが日本だけでなく、海外でも笑ってもらえたり、面白がってくれる人が居るのであれば、それは絵描きとして最高だなぁと思いました」とネット上の反響についても語ってくれた。

 単なる落書きが海を越えて商品化。インターネットの面白さと可能性を感じさせるエピソードである。
 
<阿部結さんプロフィール>
 阿部結 1986年生まれ、宮城県気仙沼市出身。 イベントフライヤーの作成から、 国内外のアーティストのCD、ALBUMジャケットイラスト・デザイン などのイラストワークのほか、2013、2014年 ARABAKI ROCK FESTIBALで絵画での参加や、海外を含め各地で絵画展の開催などの活動を続けている。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/23 16:03
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • 飛鳥

    6/25 12:18

    着る勇気は無いけど評価する

  • 一部のマニア層にうけそう(笑) でもユニクロあたりで売らないかなぁ~(*´ー`*)

  • 2代目

    6/24 12:29

    機関車入りト~マス

記事の無断転載を禁じます