宮城のご当地ヒーロー番組に長渕剛が出演! 「俺も出てやるよ!」という男気発言がきっかけ

拡大画像を見る

 宮城のご当地ヒーロー・ダッチャーと、シンガーソングライターの長渕剛さんの異色の共演が話題になっている。

 ダッチャーは、人々を無気力にしてしまう恐怖の軍団「ヤンダー」と戦う宮城のご当地ヒーロー。KHB東日本放送で『未知ノ国守(ミチノクニノカミ)ダッチャー』(毎週金曜日・夕方6:55~58)というレギュラー番組を持つ。

 13日の放送で、次週から4週にわたって長渕剛さんが出演することが明かされた。

 放送終了後、Twitter上で「えっ 長渕剛!? えっ ダッチャーに!?」「ダッチャーに長渕剛とかどういうことだよwwwwww」など驚きの声があがり、宮城県大崎市のご当地ヒーローで釜神の化身のオダズナーも「ダッチャーに長渕剛さんが出演されるってスゲー!!! うちにも誰か出て下さい!!」とツイートした。

 ご当地ヒーローと大物歌手の異色の共演は、どのように実現したのだろうか。「ダッチャー」を制作する株式会社ニューヒーローの杉本さんにお話をうかがった。

 共演が実現したきっかけを「僕が子どものころから大ファンだったので」と語る杉本さん。長渕さんは東日本大震災後、たびたび宮城に訪れ支援活動を行っており、杉本さんは2年前に石巻で長渕さん本人に会ったという。

 「その際、宮城を盛り上げるヒーロー、ダッチャーの話をさせていただいたところ、力強い励ましの言葉とともに、冗談で『俺も出てやるよ!』と仰ってくれたので、本気にしてお願いしました(笑)」(杉本さん)

 その後、スタッフを通じて長渕さんに正式オファー。長渕さんは真剣にダッチャーのDVDを観て、「これに出て俺のアーティスト生命大丈夫か?」と笑っていたそう。しかし、出演への意思は本当だったようで、スケジュールの都合などで1年越しとなったがこのたびついに実現した。

 「長渕さんは、被災した宮城や東北には強い思い入れがあり、その宮城で頑張っているダッチャーを少しでも応援してあげたいという気持ちだったと話してくださいました」(杉本さん)

 今回の見どころは「なんといっても長渕剛さんが久しぶりに演技をなさっていることです!」という。番組には「長渕本人」として登場し、宮城を無気力にしようとたくらむ悪の親玉「ドクターガオール」の根性を叩き直す熱い演技を見せているそう。

 最後に杉本さんは、今後のダッチャーの展望として「長渕さんのように、何年たっても現役バリバリで地元宮城の郷土愛を子どもたちに伝える存在であり続けたいです」と力強く語ってくれた。

 2011年10月に誕生したダッチャーは、テレビ放送以外でも精力的に活動。幼稚園や小学校でのヒーローショー、JETOみやぎが行う震災孤児への奨学金制度とのコラボ、宮城県のご当地ヒーローを集結させたヒーローソングの制作なども手掛ける、郷土愛あふれるヒーローだ。ちなみに企画者である杉本さんは、ドクターガオール役として番組にも出演している。

 放送終了後には、長渕さんの出演エピソードをダッチャーのYouTube公式チャンネルに随時アップ予定。熱いヒーローの共演をぜひご覧いただきたい。

関連リンク

  • 6/20 18:37
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • 杉下右豹

    6/21 23:31

    そういや奥さん石森ヒーローだね。あ、前の奥さんも変身して戦ってたね。共演しちゃいなよ。

  • 咲くの

    6/21 15:28

    見たい

  • 子供に悪影響がなきゃいいけど。

記事の無断転載を禁じます