「最低過ぎて気分が悪い」……『バイキング』の総合演出に非難殺到

 16日に放送したフジテレビ系『バイキング』の企画に出演した番組スタッフに対して、非難の声が上がっている。

 同日の番組内では、MCの坂上忍がサッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会の日本初戦を、一般客とともにスポーツバーで観戦する模様をVTRで放送した。

 そこで坂上は、日本が対戦相手のコートジボワールに勝った場合は「客全員におごる」と宣言し、店内は歓声に包まれた。

 その流れで、なぜか同席していた番組スタッフの島本D(総合演出を担当)が、「もし日本が勝ったら、僕ちょっといま妻と破たん寸前なんですが、明日離婚をして、そこにいらっしゃる安達祐実ちゃんにそっくりな女の子と結婚するということを、坂上さんの前で誓いたいと思います」と宣言。友達からスタートするとした。
 さらに、「子供だけなんですよ、問題は」「いやー俺なんで結婚してんだろう、いま」などとつぶやいた。

 試合は1-2で惜しくも日本が敗北。坂上は、試合途中に結果に関わらずおごると方針変更したため、客120名分の飲食代62万5750円を自腹で支払った。

 VTRが明けると、坂上は島本Dをスタジオに登壇させて当日の経緯を追及。本人は、その場の勢いで離婚を賭け材料にしたことを釈明した。

 島本Dが「スポーツバーってユニフォーム着るじゃないですか。そうすると女の子って2割増しに可愛く見える」などと発言した際は、出演者から批判されながらも笑いとなっていた。
 しかし、「妻に愛されてないんですよ。エッチとかさせてくんない」とぶちまけると、坂上が「俺ね、自分の責任でこの番組降ろされるんだったらいいんだよ。あんたの責任で下されるのは嫌なんだよ、俺は」と詰め寄る一幕もあるなど、この発言には出演者らも困惑を隠せなかった。

 視聴者からは、VTRからスタジオで行われた一連のやりとりまでが、番組上の「演出」であったとしても不快だという声が噴出。

 ネット上では、「俺は嫌いじゃない」という感想も見られるが、「バイキングの総合演出の人が最低過ぎて気分が悪い」「サッカーで離婚とかかけてんじゃねーぞ」「全く笑えない」など、非難の声が殺到している。

関連リンク

  • 6/17 10:40
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

30

記事の無断転載を禁じます