番組史上最大のトラブル「フット岩尾行方不明事件」の真相とは

拡大画像を見る

 24日深夜に放送したテレビ東京系『ざっくりハイタッチ』は、フットボールアワー・岩尾望が番組収録中に巻き起こした「事件」について特集した。

 最も衝撃的だったのが、番組史上最大のトラブルと題された「フット岩尾行方不明事件」。なんと、岩尾だけを置き去りにして、出演者とスタッフが乗るロケ車が出発するという珍事が発生してしまった。
 出演者の誘導を担当する吉田プロデューサーが、岩尾の存在感のなさに「置き忘れてしまった」という。
 岩尾は、ロケ中にもかかわらず黙り込むことが多く、相方の後藤輝基から「ただ服着て座ってるだけ」と揶揄されるほど「影の薄さ」が際立っていた。

 これに対して千原ジュニアは「レギュラー番組でしょ。取り残されるってあるんですか?」とあきれ顔。
 小藪千豊も「それでタレントとしてやっていけてんのがすごい。あんだけ存在感ないのに」と、こぼした。 
 後藤は「岩尾らしいんですよ。これ急に始まったことではなく、みんなが動こうかって時にいないってことがよくあるんですよ。だから全部加味すると岩尾が悪いと思います」と語った。
 ロケ車の中でも、だいぶ時間が経ってから「あれっ、岩尾おれへん」となったという。

 その後、ようやく路上で発見された岩尾は不満顔。出演者らを待たせてしまったことに謝罪しながらも「番組で喋れへんかったらこんなことなります?」と語った。

 岩尾は、トイレのためにロケ車を離れただけでなく、家具や雑貨を取り扱う「CIBONE」の店内を物色していたため、戻りが遅くなってしまったとのこと。
 その際、スタッフの誰にも「トイレに行く」と話していなかったことから、ジュニアは「言わなダメですよ。言うてたら吉田Pも待ってますよ」と忠告した。

 そして、小藪が改めて番組中の存在感のなさを問題視すると、岩尾は「確かに実質おらんでも一緒かもしれないですけど、おったうえで黙んのとホンマにおらんのは違うでしょ!黙り方が違うんですよ!」と必死に抗弁したため、車中は笑いに包まれた。

 これに対してネット上では「フット岩尾がロケ場所においてかれるw」「岩尾wwwwwwwwwwww忘れられたwwwwwwwwwwww」などの感想が寄せられている。

関連リンク

  • 5/25 8:28
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5

記事の無断転載を禁じます