『ナカイの窓』でオードリー・若林正恭が明らかにした人気歌手の「知られざる姿」に驚きの声

拡大画像を見る

 21日深夜に放送した日本テレビ系『ナカイの窓』は、芸能プロダクションの裏側を語る人気企画の第3弾「芸能プロダクションSP」。
 番組には、佐藤藍子、関根勤、出川哲朗、ホラン千秋、オードリー・若林正恭が登場し、自身の事務所に関する特徴や知られざるエピソードを語った。

 若林が所属しているのは、ケイダッシュステージ。島崎俊郎、はなわ、原口あきまさらのお笑い芸人や、スザンヌ等のタレントがいる一方で、「千の風になって」で知られる歌手・秋川雅史も所属している。

 若林は秋川について「あんま知られてないけど、めっちゃ面白い人。ノリがすごい良くて」と語った。
 事務所メンバーらでフットサルをやった際に、はなわが「みんなでボールがなくなったことにしよう」と提案し、秋川のアルマーニのジャケットをガムテープで丸めてボール代わりにしたことがあったという。
 やがてテープがほどけ、秋川がボールの正体に気付くと、怒るどころか「これワシのやないかい!」と突っ込んだと明かした。

 そのほか、はなわの息子の誕生日会で、ノリノリで「ハッピーバースデートゥーユー」を大熱唱する秋川の姿がVTRで公開されるなど、意外な一面にスタジオから驚きの声が上がった。

 これに対してネット上では「秋川雅史ってこんな人だったんだww」「秋川さんの話面白いな~」などの声が寄せられている。

※画像は公式サイトから

関連リンク

  • 5/22 19:12
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます