覚せい剤所持疑惑のASKA 「タモリが異変に気付いていた」と話題

 17日、歌手のASKAが覚せい剤所持の疑いで逮捕されたことを受け、「タモリは既にASKAの薬物使用を見抜いていたのではないか」と話題になっている。

 この推測は、2001年8月8日放送のフジテレビ系『笑っていいとも!』が発端となっている。同番組内のコーナー「テレフォンショッキング」にゲスト出演したASKAに対し、タモリは「顔ちょっとやつれてるけど大丈夫?」「ほっぺた黒いよ、大丈夫か?」「痩せた痩せた」など、体調を気遣う言葉をしきりに投げかけた。

 ネット上ではこの真偽を検証する動画などもアップロードされており、「タモリがここまで執拗に指摘して、暗にもう止めろと言ってくれてるのに」「さすがタモリ」「タモリ完全に察して突っ込みまくってるな」という声とともに、「(ASKAは)落ち着きがないぐらいでそこまでおかしいとは思わない」「ただの後付け」などの意見も寄せられている。

関連リンク

  • 5/20 17:46
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

7
  • 分かっていたなら、とめて欲しかった!! ASKAの事、信じてる!前のように素敵な歌を歌って・・・待っています!

  • じゃあ相当長く覚せい剤やってたのか?

  • サリー

    5/21 18:11

    じゃあ、ニュースみんなよってかんじの意見が出てますね(笑)

記事の無断転載を禁じます