「解散後に成功するのは?」 韓国で少女時代のソロ成功率をランク付け

拡大画像を見る

 韓国のガールズグループ少女時代のメンバーがソロ活動した際の成功率を、韓国のニュースサイト「東亜ドットコム」がをランク付けして話題になっている。

 人気の低迷で韓国内では「解散間近では?」と噂される少女時代。彼女たちがそれぞれソロ活動した場合の可能性を、放送局のチームプロデューサーやドラマ評論家ら12人が実名で評価した。「タレント」「歌手」「女優」「ミュージカル女優」の各項目を10点満点で点数化し、その平均点を基に1位~9位まで順位を付けて発表した。

 平均7.1点で1位に選ばれたのは、ドラマやCMですでに大活躍し、人気俳優イ・スンギとの交際宣言でも話題の“絶対エース”ユナ。「タレント」の項目が8.6点と高いが、本人が力を入れている演技の項目である「女優」は7.6点、「ミュージカル女優」は5.0点の評価だった。IHQ演技アカデミー院長のアン・ヒョクモさんは、「優れた感性と才能を土台にした自然体の演技が強み。ロマンティック・コメディ路線から脱皮し新たな領域を開拓すれば、さらなる活躍が期待できる」と評価した。

以下、順位と評論家たちのコメントを紹介する。

2位テヨン=平均7.0点 「歌は上手いが、他に何がある?」

3位スヨン=平均6.5点 「スリムな体型と高身長を抜かして残るものは?」

同率3位ユリ=平均6.5点 「何をやっても少しぎこちない」

5位ティファニー=平均6.5点 「2%不足した韓国語、探求力を育ててこそ」

6位サニー=平均6.2点 「(叔父で所属事務所の創設者である)イ・スマンをネタにできたなら」

7位ソヒョン=平均6.1点 「末っ子だからなのか、どこかがさつ」

8位ジェシカ=平均5.8点 「過大包装された外見、曖昧なコンセプト」

9位ヒョヨン=平均4.8点 「テレビに出てダンスだけするわけにもいかないし」

 最下位のヒョヨンは先日、暴行容疑で通報されるという騒動を起こしたばかり。グループでは最も個人活動が少なく、他のメンバーがドラマやミュージカルで忙しい時にも、全国スキー大会に出場して1位になるなどマイペースな面で知られている。評論家のチャ・ウジンさんは「ずば抜けたダンスの才能と振付のセンスがあり、事務所に残るのであれば振付師やプランナーとして成功するだろう」と予想した。

 ネット上では、「結局ユナしか残らないでしょ」「テヨンの評価が高すぎない?」「ヒョヨンはボクシングか格闘技をしてみるのはどう?」などのコメントがあがっている。

※画像は公式サイトから

■参考
http://news.donga.com/3/all/20140417/62829594/1

関連リンク

  • 5/19 20:45
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • すぐ解散するから応援する気になれん 新しいグループ来てもまあどうせすぐ金の問題で解散するでしょぐらいにしか思ってない

記事の無断転載を禁じます