リアル「のび太」が新宿に出現! 本人に突撃取材してみた

 見た目も服装も漫画・アニメ『ドラえもん』の「のび太」にそっくりな人物が新宿に現れたとネット上で話題になっている。

 Twitter上でも「新宿にタケコプターつけたのび太くんいた」「のび太が新宿で迷ってた」というツイートとともに、「のび太」そっくりな男性の画像がアップされている。

 実は、記者も新宿でリアルのび太さんに遭遇したひとり。ランドセルやタケコプター、黄色いシャツ、短パンと、外見的特徴は漫画やアニメの「のび太」そのものだ。リアルのび太さんは、写真を撮った人にお手製のイラストが描かれたシールを配るなどしており、その行動に謎は深まるばかり。

 そこで、さまざまな謎を解くべく、記者はのび太さんに突撃取材することにした。

 活動内容について尋ねると、「ドラえもんを探していろいろな場所を冒険中。声をかけてくれた人にはのび太のご機嫌シールを配っているんです」との回答。

 そんなご機嫌なリアルのび太さんだが、「のび太」に扮して街に出る行動をとるきっかけとなったのは、意外にも自分のふがいなさと、そこからの脱却のためなのだそう。

 「何をしても一生懸命になれなくて、何をしてもうまくいかなくて、自分の容姿も性格も嫌いで……。そんな時、今の自分にできることはなんだろう、今自分がやるべきことはなんだろう、と思った時に、『これだ!』と思ってのび太になりました」。

 また、「誰かに必要とされたい、認められたいという気持ちがとても強かった」という意外な本心や、「自分のために始めたのですが、最近はどんどん変わってきていて、今は誰かを楽しくしたい。ただ馬鹿にされるだけでも、一瞬だけでもいいから笑顔にしたいという気持ちになっています」と、活動を続ける中で芽生えた変化についても聞くことができた。

 なお、配布しているシールは印刷以外すべて手作業で製作しているとのこと。「もらった人にご機嫌な気持ちになってほしくて」と、その心境について語った。

 ネットや街中の人の反応については、「喜んでくださったり、褒めてくださる方もいますが、すべての人に理解してもらえるわけでもないです。光も影も受け止めるぜ」とコメントし、「もっとたくさんの人とコミュニケーションして、どうしたら自由に人を楽しませられるかを突き詰めていきたい。47都道府県をのび太で制覇したいです」と今後の展望を明かした。

【関連リンク】
のび太さんのTwitter
https://twitter.com/nobitajoy

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/19 20:44
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

9

記事の無断転載を禁じます