「太っている」と人から言われると、ますます太ってしまうと判明

 「太りすぎ」と言われた少女は、将来、肥満になる確率が高くなることが分かった。

 これは米国医師会雑誌(JAMA)の小児科部門に、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のジャネット・トミヤマ助教授(心理学)の研究グループが発表したもの。

 実験では、参加者の少女が10歳の時点で、父親や母親、兄弟、姉妹、仲の良い友人、先生といった身近な人から、「太りすぎ」と言われたことがあるか調査。

 家族から「太りすぎ」と言われた場合は、19歳の時点で1.62倍肥満になりやすく、家族以外の身近な人から言われた場合でも1.4倍肥満になりやすいことが分かった。

 トミヤマ氏は、「子どもに『太りすぎ』と言うと、ますます太ります」と言う。「健康について話をしようと思うなら、太っているかいないかを話す必要はありません」とし、「太っている」という言葉を使わないことがポイントだと述べた。

 ネット上では、「(おデブとは呼ばないで)かわい子ちゃんと呼んだ方が、紳士的かな」「そのうち他人に、『太っている』って本当のことを言ってはいけない法律ができるんじゃ?」といった声が寄せられている。

【参照】
Los Angeles Times “Girls called 'too fat' are more likely to become obese, study finds”
http://www.latimes.com/science/sciencenow/la-sci-sn-girls-too-fat-obese-20140428,0,4057459.story

関連リンク

  • 5/12 15:46
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます