打ち上げのみのヒーロー 『乾杯戦士 アフターⅤ』がじわじわ人気に 実は「○○」の都合で生まれた企画だった

拡大画像を見る

 4月7日よりテレビ埼玉ほか全国9局にて放送中の連続ドラマ『乾杯戦士 アフターⅤ(ファイブ)』がネット上で話題になっている。

 このドラマは戦った後のヒーローの“打ち上げ”だけを描いた物語。お酒の席でありがちな愚痴の言い合い、カラオケでストレス発散など通常のヒーローものとは異質な設定、そしてストーリー展開のシュールさに、「じわじわくる…」「なにこれwwwおもろいwwww」「回を増す毎にツボる部分が増えてゆくw」といったネットの書き込みが多く、評判も上々だ。

 監督を務めたのは、「男子はだまってなさいよ!」や「シティボーイズ・ライブ」など数多くのコントライブの作・演出を手がけ、最近では舞台だけでなく映像作品の構成、脚本、監督で知られる細川徹さん。

 “打ち上げ”のみのヒーロー誕生のきっかけを細川監督に取材してみた。

 「(最初にヒーローものを作ることは決まっていたものの)予算とスケジュールの都合で、戦いのシーンをゼロにせざるを得なかったんです。でも、中途半端に入れるくらいなら、100%打ち上げだけにしたほうが面白くなるかなというのが、一番の理由です(笑)」

 また、「昭和のヒーローものにありそうな感じ」をベースにしていることから、「かつてヒーローものを見ていた、今は忙しく働いてる30代、40代くらいの方に見てほしい」と監督。「この評判のよさで、次回が出来るといいですね。自分の中で勝手に盛り上がり、第2シリーズのことをぼんやり考えています。次は予算を増やしてもらって、(ヒーローものによく登場する撮影現場である)採石場に行きたい!」と、次回作への意欲も満々だ。

関連リンク

  • 5/12 13:20
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

10
  • 吉川友が(ノ´∀`)ノ出てるのが良いね。

  • 5/13 17:11

    見たい! レッドとブルーがイケメン☆

  • soco

    5/13 14:11

    毎週、見てる。 普通の会話でそれなりに盛り上がる。 おバカすぎてツボる(笑)

記事の無断転載を禁じます