東大野球部以上の記録も!? スポーツ界の連敗記録集

拡大画像を見る

 5月3日に行われた早大との試合に0-11で敗れて、東大は東京六大学リーグ新記録の71連敗となってしまった。2010(平成22)年秋季リーグ戦で早大に勝って以来、3年半白星がない。どこまで連敗が続いてしまうのか? どの大学に勝って、記録を止めるのか? 話題を集める東大野球部だが、プロ・アマ問わず野球界では様々な連敗記録がある。プロ・アマ問わず野球界に詳しいスマホサイト『週刊野球太郎』編集部に、その連敗記録について聞いてみた。

     *   *   *

◎プロ野球編

 日本プロ野球の連敗記録といえば、1998(平成10)年に記録したロッテの18連敗がワースト記録だ。6月18日のオリックス戦に敗れてから、7月8日のオリックス戦まで続いたこの連敗は、12連敗した後に引き分けを1つ挟んでいる。日数にすると26日間、約1カ月も選手たちは勝利から見放されていたのだった。

◎大学野球編

 東大と同じ大学野球界では、2009(平成21)年から、2012(平成24)年にかけて、京大が60連敗を記録した。2009(平成21)年の春季リーグで1勝を挙げた後に連敗がスタート。翌2010(平成22)年、2011(平成23)年と年間を通じて、1勝もできなかったが、2012(平成24)年の春季リーグでようやく1勝を挙げて、60連敗で東大よりもひと足お先に連敗ストップした。

 この連敗ストップの立役者になったのが田中英祐【写真】。2年春で連敗を止める1勝を挙げたのち、2年秋1勝、3年春2勝。3年秋は0勝だったものの、延長21回、延長15回を投げ抜く(試合はともに引き分け)など印象的な投球を披露し、ベストナインを獲得した。4年春の今季は既に3勝を挙げ、今年の関西学生リーグを代表する投手にまで成長を遂げている。

◎MLB編

 日本よりも長い歴史を誇るメジャーリーグの世界。1900年以降の近代野球に限ると、1961(昭和36)年、フィラデルフィア・フィリーズの23連敗がワースト記録だ。敵地でその連敗をストップして、ようやく地元に戻ってきたフィリーズ。当時の熱狂的な地元ファンは、まるでワールドチャンピオンになったかのように選手を出迎えたという。

 ちなみに1988(昭和63)年には、ボルティモア・オリオールズが開幕から21連敗を記録している。

◎サッカー編

 Jリーグでは1996(平成8)年のJ1開幕から京都が17試合連続で黒星を続け、J2では2000(平成12)年に、甲府が19連敗を記録している。また、引き分けを挟んだ未勝利、という意味では2010(平成22)年の湘南が21試合未勝利(J1)、2010(平成22)年~2011(平成23)年にかけて北九州が35試合未勝利(J2)となっている。

◎大相撲編

 2003(平成15)年から2004(平成16)年に、大嶽部屋の森川が、序の口で32連敗を記録したのがワースト記録といわれている。幕内では1949(昭和24)年から1950(昭和25)年にかけて、五ツ海という力士が21連敗している。

◎NBA編

 NBAでは今年の3月27日、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ(76ers)がヒューストン・ロケッツ戦で98-120で敗れ、2011(平成23)年にクリーブランド・キャバリアーズが記録したNBAワースト記録の26連敗に並んだ。

 しかし、76ersは3月29日、デトロイト・ピストンズを123-98で破って連敗を止め、米国主要プロスポーツのワースト記録更新を免れた。

◎競馬編

 最後に競走馬の連敗記録を紹介しよう。競馬の連敗記録といえば、約10年前に話題となった113戦0勝のハルウララが有名だった。そのハルウララを超える連敗記録を樹立したのが、マイネアトリーチェという馬。2005(平成17)年から2012(平成24)年にかけて、なんと192連敗を記録している。

 2013(平成25)年までの情報だが、そのマイネアトリーチェは192戦0勝、2着2回、3着6回という成績を残している。未勝利に終わった中央競馬から地方競馬に転厩して、金沢や愛知、笠松競馬(岐阜)を転々として、馬主も何度か変わったという。現在、マイネアトリーチェはどうしているのか、その消息を知ることができなかったのが残念だ。

※『週刊野球太郎』は、新シーズンを楽しむネタが満載。auスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードでサービス中です。
5月の『週刊野球太郎』は「プロ野球 逆境の男たち~伝説はここから始まる」特集! 数々の困難を乗り越えた男たちや、今まさに逆境と戦っている男たちにスポットライトを当てます!

関連リンク

  • 5/7 11:50
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます