デーモン閣下が「がん検診啓発特使」に就任! 悪魔による啓発の驚きの効果とは

拡大画像を見る

 ミュージシャンでタレントのデーモン閣下が、広島県民にがん検診の重要さを熱く呼びかけ話題になっている。

 話題になっているのは、デーモン閣下が「広島県民よ! いったい、いつ受けるのだ。『がん検診』(中略)言い訳無用! 一刻も早く『がん検診』を受けたまえ!!」と呼びかける啓発ポスター。デーモン閣下が広島県がん検診啓発特使に就任したのは平成25年6月7日だが、4月18日に読売新聞が取り上げたことで注目が集まった。

 Twitterでは「すごいな、広島!でも悪魔が人間の役に立っていいのか?笑」「悪魔なのに良いことやってる」などのコメントがあがっている。

 そこで、広島県の健康福祉局がん対策課に、悪魔による啓発の効果について取材してみた。

 担当者によると、「閣下にはポスターだけでなく、お祭や広島東洋カープの始球式など、さまざまなイベントでパフォーマンスをしていただいております。また、閣下自身『自分もがん対策者の一員だ』とおっしゃっていただき、たくさんのアイディアをちょうだいしました」という。

 そして「こうした啓発活動の結果、県民のがん検診認知度が73%を超え、大変満足しております」と、その効果の高さを明かしてくれた

 デーモン閣下は小学生時代を広島で過ごし、「人間界のふるさと」と公言している。

関連リンク
「がん検診へ行こうよ」推進会議 - 広島県ホームページ
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/gan-suishin/

関連リンク

  • 5/1 20:59
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

8
  • 嘘っぷ、「時間が無い」じゃないだろ?「交通費が無い」じゃん😜

  • マサト

    10/17 20:27

    無いのは時間じゃなくて保険証だろうね(笑)

  • #10物干し竿

    10/17 20:21

    通年自宅警備員が「時間無い」 片腹痛いわ🤣

記事の無断転載を禁じます