子ども向けぬりえを大人が改悪!「ブチ壊しぬりえ」がひそかなブームに

 海外を中心に「ブチ壊しぬりえ」がひそかなブームになっている。

 今年3月に開設された投稿サイト「Coloring Book Corruptions(ぬりえの改悪)」には、子ども向けのぬりえに大人が色をつけ、本来の世界観をブチ壊しにした作品が多数アップされている。

 同サイトを立ち上げたCrayons For Brainsさんは、この遊びが生まれたきっかけを「ある日、いとこと暇つぶしにぬりえをすることになり、パラパラとぬりえの冊子をめくった。ちょっとおかしな姿をした動物たちを見つけたので、その動物たちが血みどろの争いをしているように描いてみた」と説明。そのうち、世界中の人たちとこのゆがんだ楽しみを共有できるのではないかと思いつき、同サイトを立ち上げたという。

 ネット上には「ブチ壊しぬりえは僕の新しいストレス発散だ。大爆笑もの」「こんなに素晴らしいイマジネーションを見られるなんておもしろすぎる」「同僚から教えてもらって、見たら30分も笑っちまったよ。友達が心配したくらいさ」といったファンの声が寄せられている。

 投稿された「ブチ壊しぬりえ」は、公式サイト、Facebookページなどで見ることができる。



※画像は公式サイトより

【参考】
Coloring Book Corruptions
http://coloringbookcorruptions.com/

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/1 20:06
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3

記事の無断転載を禁じます