ユリを食べたら猫が死亡? ペットに有毒な植物とは

 「テッポウユリのようなユリ属の植物を、猫が食べると死亡する恐れがある」――そんな衝撃的なニュースを今月14日、米国の科学ニュースサイト「LiveScience」が伝えた。

 同サイトによると、たった数枚の葉をかじったり、毛についた花粉をなめたりしただけで、猫は急性腎不全を起こすという。その最初の症状は嘔吐。それから12~24時間で排尿の頻度が上がり、腎不全の兆候が見え始める。この段階で動物病院に連れて行けなかった場合、4~7日で猫は死亡する。

 もし飼っている猫が、テッポウユリの花びらや葉を少しでも食べた疑いがあれば、すぐに動物病院に連れて行くようにと、米国食品医薬局(FDA)獣医師のメラニー・マクリーン氏は注意をうながす。もちろん、猫にとって有害な植物を、猫が好んで遊ぶ周辺に置いておかないことが重要なのは言うまでもない。

 猫にとって有害な植物とは、前述のテッポウユリを含むユリ属(オニユリ、スカシユリ、カンゾウ、カノコユリなど)やキスゲ属の植物を指す。ほか、アロエベラ、ジンチョウゲ、カランコエ、ジギタリス(キツネノテブクロ)、イチイなどにも注意が必要だ。

 ネットユーザーからは、「花屋でペットに対して毒があることを知らせるタグをつけてもらえないだろうか?」という反応のほか「かわいい猫ちゃんを死なせるような話を聞くと胸が痛む」といった声が上がっている。

□参考
live science“Easter Lilies Kill Cats, FDA Warns”
http://www.livescience.com/44829-lilies-kill-cats.html

関連リンク

  • 4/22 19:24
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • 猫飼ってる皆さん。気をつけて

  • うちも、昔飼い猫じゃなかったが、そのネコが庭先で、亡くなってはのは、この植物かな?

  • ありくい

    4/23 0:47

    ユリ属(科)の植物の有毒性は、結構昔から云われていたと思う… 私感ながら、今更感がある…

記事の無断転載を禁じます