初めてお母さんの声を聞いた少女が話題に

 生まれつき聴覚に障害があった少女が人工内耳をつけ、初めて母親の声を聞いた瞬間の動画がネット上で反響を呼んでいる。

 クロエ・リングちゃんは2009年、彼女が1歳2ヶ月のときに人口内耳を埋め込む手術を受けた。英メトロなど、複数の海外メディアが紹介した動画は、彼女が人口内耳のスイッチを入れた瞬間をとらえている。


 これに対してネット上では「心が暖まる」「すごく幸せな気分になった」「泣いてしまった」などの感想が寄せられている。

 母親のジェーンさんは「クロエは、音を与えられた瞬間から音が大好きになった」と話している。人口内耳をつけて半年後、クロエちゃんは初めて言葉を話したという。5歳になった彼女は現在、小学校に通っているとのことだ。

□参考
Deafblind girl hears her mother’s voice for the first time as her cochlear implants are switched on
http://metro.co.uk/2014/04/06/deafblind-girl-hears-her-mothers-voice-for-the-first-time-as-her-cochlear-implants-are-switched-on-4690510/

※動画が再生されない方は下記の関連リンクから

関連リンク

  • 4/8 15:35
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます