「おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!」の卒業に惜しむ声

拡大画像を見る

 アイドルグループの「おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!」が31日、テレビ東京系『おはスタ』を卒業、解散した。

 おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!は、2012、2013年度おはガールで結成されたグループで、メンバーはなつみ(岡本夏美)、ゆうな(平祐奈「女優・平愛梨の妹」)、ひなこ(吉川日菜子)の3人。この2年間で行ったイベントの回数は、おはガール史上最多の133回にのぼる。楽曲の一部を元JUDY AND MARYのTAKUYAが手掛けていたことから、サウンド面でも人気を集めていた。

 31日放送の同番組で、なつみは「こんなに充実した2年間はもう絶対にないと思います。皆さん、私と出会ってくれてありがとうございました」と挨拶をするなど、3人は同番組のレギュラー、スタッフ、視聴者に感謝の気持ちを述べた。

 これに対し、ネット上には「朝から泣いてしまった」「おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!最高だ」「2年間お疲れ様でした」などの声が寄せられている。

※画像は公式ホームページから

関連リンク

  • 3/31 19:33
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • タクヤ

    4/1 13:11

    また頑張ってください

記事の無断転載を禁じます