「子どものためにジャンクフードのCMは21時まで禁止」イギリスで議論が沸き起こる

 「不健康なジャンクフードを勧めるテレビCMに子どもがさらされており、家族がテレビを見るプライムタイムには、ジャンクフードのCMを禁止すべき」と、キャンペーングループのアクション・オン・ジャンクフード・マーケティングが発表したと、イギリスのBBCなどが伝えている。

 現在、イギリスの子どもの3分の1は肥満に苦しんでおり、「テレビCMも子どもの肥満対策に協力すべきだ」とロイヤル・カレッジ小児科ブレア教授は述べている。これに対して国は、「CMは、子供が食品を決める際の一要素で、子供の肥満や偏った食生活の問題に取り組む際には検討項目」であるとしたが、「その件についてはまだ審査中」とコメントした。

 なお、広告業界のコミュニケーションズ・ディレクターであるバーバー氏は「(CMの放映は)常識的なバランスを保っている」と反論している。

 これに対してネット上では、「最近の子どもは自分の部屋にテレビはあるし、21時以降も起きている。この規制は意味あるのか」「そもそも親がジャンクフードを食べているような家庭では、子どももジャンクフードを食べるだろう」「確かにジャンクフードってよくないし、テレビを見ると子どもがほしがるけれど、親は子どもにダメって言える。テレビを消して、一緒に遊んであげよう」などの声が寄せられている。

□参考
「Ban TV junk food ads until 21:00, say campaigners」
http://www.bbc.com/news/health-26665952

関連リンク

  • 3/25 17:19
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • 亜己羅

    3/26 14:27

    そもそもアメリカはジャンクフードの国だからそれでいいと思う、日本はイイよね和食があるから。

  • それなら子どもへのジャンクフードの販売禁止した方がいいんじゃね?

  • アンビ

    3/26 9:44

    食べるか食べないかは個人の判断だけどね

記事の無断転載を禁じます